本文へジャンプします。


現在位置:> マネーの知恵

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

女性のライフステージごとのマネープラン、住宅ローン、老後資金、教育費、資産運用、保険など、知って得するお金の情報を紹介します。

資産運用

今注目の企業への新たな投資方法とは

2017.09.06

ソーシャルレンディングとは?メリットデメリットとあわせて解説

今、新しい投資のスタイルとして注目されている、ソーシャルレンディング。お金を貸したい投資家と、資金調達が必要な企業とをインターネットで仲介するサービスです。一般の金融商品と比べて高利回りであることが特徴ですが、どのようなしくみとなっているのでしょうか。メリットとデメリットもあわせてご紹介します。

資産運用

iDeCo(イデコ)の購入後、見直しのタイミングは?

2017.09.04

iDeCoの効率的な運用に欠かせない配分変更やスイッチングとは

iDeCoは、個人の方針によって、自由に運用方針を指示することができ、拠出金を確実に運用していくことも、大きな運用益をねらうこともできます。運用方針を見直す方法は、拠出額の変更のみを行う配分変更と、運用商品そのものを変更するスイッチングの2つです。それぞれのしくみや違いについて解説します。

資産運用

投資をサポートするロボアドバイザーとは

2017.08.30

人気のロボアドバイザーとは?メリット、デメリットからおすすめまで

「投資」ときくと、なんとなく難しそうなイメージが先行していませんか。はじめやすい投資信託や積み立てなどの商品も出てきましたが、どれをどうやって選べばいいのかというのは、悩ましいところ。そこで知っておきたいのが、ロボアドバイザーです。特徴とおすすめのロボアドバイザーをご紹介します。

老後資金

介護サービス費用の自己負担が最大3割に

2017.08.23

介護サービスの種類も要確認。2018年8月に3割負担実施、影響は?

2018年8月から、現役並みの所得がある高齢者が介護サービスを利用した場合、費用の自己負担割合が従来の2割から3割へと引き上げられます。どのような影響があるのか、制度の変遷やサービスの種類について触れながら確認していきましょう。最後に介護サービスを利用する際の事前準備についてもご案内します。

資産運用

iDeCo(イデコ)をおすすめする理由

2017.08.21

専業主婦もiDeCoで国民年金以外の自分の年金を増やそう

2017年1月からiDeCo(個人型確定拠出年金)の対象者が、専業主婦(主夫)、公務員、会社員を含むほとんどの人々に拡大されました。今回はiDeCoをおすすめする理由と、お金を掛け続けた場合、受け取り可能年齢の60歳になったときにどのくらいの金額になるかなどについてご説明します。

老後資金

広がりを見せる65歳定年制について解説します

2017.08.16

大企業が続々と65歳定年制を発表。ところで65歳定年制とは?

どんな人生を送るか、老後の生活をどのように設計するかといったテーマについて考えるとき、定年のタイミングは避けて通れない大事な問題です。65歳定年制とは何なのか、どんな大企業が導入している制度なのかなど、知っておきたい65歳定年制のポイントについてわかりやすくご紹介します。

消費税の年額が高くなると、確定申告だけでなく、消費税の中間申告と中間納付を行う必要があります。中間納付のラインとなるのは年額いくらなのかということから、申告の期限と中間納付額の計算方法や注意点まで確認していきましょう。

前の7件へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次の7件へ


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます