本文へジャンプします。


現在位置:> > > みんなどうしてる?人には聞きにくい結婚式の費用負担について

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

結婚式の費用負担はどうする?

みんなどうしてる?人には聞きにくい結婚式の費用負担について

みんなどうしてる?人には聞きにくい結婚式の費用負担について

結婚式は式場や招待人数によって費用が大きく変わりますが、費用負担はどのようにするのが一般的なのでしょうか。国内や海外のリゾートウェディングでは、交通費や宿泊費も発生します。そこで、両家や招待客への結婚式の費用負担のありかたについてまとめました。

<目次>
結婚式にかかる費用は?
費用負担でもめないために
親の援助がある場合
結婚式費用の節約のコツ

結婚式にかかる費用は?

結婚式の費用の相場は300万円〜350万円程度ですが、時期、日取り、参列者の人数などによって違いがあります。複数の式場で見積もりを取って、比較するとよいでしょう。

式場のタイプによっても費用は異なります。ホテルは多くのゲストを招いた披露宴の対応も可能で、300万円〜400万円程度が目安です。ゲストハウスはアットホームな雰囲気が人気ですが、費用は400万円程度と高めです。レストランウェディングは小規模な披露宴を開きやすく、相場は260万円程度です。教会での挙式は10万円〜20万円程度ですが、別にパーティ会場を用意する必要があります。

国内のリゾート婚は、参列してくれる友人からはご祝儀はもらわず、交通費や宿泊費を負担してもらい、食事会の費用は新郎新婦が負担する形が一般的です。日頃の親戚づきあいによっては、親族の交通費や宿泊費は新郎新婦側で負担するケースもありますので、両親と相談しておきましょう。

海外挙式の場合は友人を招待するというよりも、「参加したい」と言ってくれた友人に来てもらうといった形です。ご祝儀はもらわずに、交通費や宿泊費は自己負担にしてもらい、お礼として新郎新婦の負担でパーティを開催するケースが一般的です。親族を招待する場合は、全額新郎新婦側の負担とするケースが多いものの、半額程度あるいは全額自己負担など、親戚づきあいなどによってケースバイケースです。

費用負担でもめないために

結婚式の費用負担の考え方は大きく分けて3つあります。1つはすべての費用を両家で折半する方法ですが、地方によっては男性側が6割負担するケースもあります。2つ目は招待客の人数比で費用負担するもので、招待客の人数の差が大きいときに用いられる方法です。3つ目として、衣装代はそれぞれが持つといったように、特定の項目は別にして負担する方法です。新婦が衣装にこだわりがあるときやお色直しの回数が多いなど、気兼ねなく選びたいときにこの方法がとられることがあります。

費用負担の割合は結婚式の費用がわかってから決めるケースもありますが、式場を決めるタイミングまでに話し合って決定しておくことが望ましいです。新郎側が多く負担すると、結婚後の生活で新婦が負担に感じるケースもあります。2人の意見だけではなく、両家の話を聞いて、納得のいく形で取り決めをしましょう。

結婚式の費用は、式場を決めたときに内金として10万円程度を支払った後、結婚式の前までに残金を現金で支払う前払いのケースが多くを占めます。クレジットカードで支払いたい場合には、事前に対応しているか確認しておきます。また、結婚式の費用の支払いは高額になるため、事前にカード会社に連絡をして限度額を引き上げておくことが必要です。一部の式場では、当日払いか後払いですので、ご祝儀を費用の一部にあてることができます。

招待客によってご祝儀は異なりますが、結婚式のご祝儀は200万円程度が一般的ですので、300万円程度の費用がかかった場合、100万円程度の自己負担金になるのが目安です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック