本文へジャンプします。


現在位置:> > > 葬儀のときにかかる香典の相場を年代・関係別にご紹介

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

いざというとき慌てない葬儀のマナー!香典の相場は?

葬儀のときにかかる香典の相場を年代・関係別にご紹介

葬儀のときにかかる香典の相場を年代・関係別にご紹介

大切な家族や親族はもちろんのこと、恩師や会社の上司、親しい友人など故人との最期の時には一刻も早く駆けつけたいと思うことでしょう。
しかし、霊前に供える香典はいくら包めばよいのか悩んでしまうという声も多く聞きます。
今回は、いざというときの香典の相場について、年代・関係別にご紹介いたします。

<目次>
香典とは?
【年代・関係別】香典の相場を詳しくご紹介
遠方にいる場合の香典について

香典とは?

香典とは、故人の霊前に供える金品のことで、訃報の知らせを受けた際のお通夜や葬儀(告別式)に持参するのが一般的です。
お香やお花の代わりとして供えます。

この際の金品は、不祝儀用ののし袋(香典袋とも呼ばれます)に包みますが、金額は故人との関係やお付き合いの深さによって異なります。

・香典を渡すタイミング
お通夜だけの出席の場合や、通夜から告別式にも参列する場合がありますが、香典を渡すタイミングは「お通夜」に出すのが一般的です。
葬儀・告別式のみの参加の場合は、参列した際に持参しましょう。

また、香典を複数回渡すことは、不幸の連続を連想させるためマナー違反となります。
ご自身が弔問するタイミングで1回だけ渡すようにしましょう。


・香典を郵送する場合
事情がありどうしても葬儀やお通夜に出席できず、代理人もたてられない場合は香典を郵送しても問題ありません。

香典を郵送する場合は、まずは喪主や親族の方に弔意を表す電報の弔電を打ち、現金書留で香典を送ります。
先に弔電を打っていても、現金書留と一緒にお悔やみの言葉を書いた手紙を必ず添えるようにしましょう。

【年代・関係別】香典の相場を詳しくご紹介しましょう

香典の金額は、故人との関係や付き合いの深さ、香典を贈る人の年齢によって変わるため、必ずこの金額でなければならないというものはありません。

下記で紹介するのは、一般的な香典の目安金額です。
故人がビジネスでのお取引先の社員の場合は、会社としての代表者名で香典を出すこともあるため、上司や総務に相談して会社の指示を仰ぐようにしましょう。

・贈り手の年齢が20代の場合
両親:30,000〜100,000円
義理の両親(妻の親・夫の親):30,000〜100,000円
祖父母:10,000円
兄弟・姉妹:30,000〜50,000円
義理の兄弟・姉妹:30,000〜50,000円
おじ・おば:10,000円
その他の親族(いとこなど):3,000〜10,000円

勤務先の上司本人:5,000円
勤務先の上司のご家族:3,000〜5,000円
勤務先の社員(同僚や部下)本人:5,000円
勤務先の社員(同僚や部下)のご家族:3,000〜5,000円

恩師:3,000〜5,000円 ※学生時代の関係や、卒業後のお付き合いの深さによっても異なります。個人で出すのではなく数人が集まって出す場合もあります。

仲人:10,000円
友人・知人:5,000円
友人の両親:3,000〜5,000円 ※友人とのお付き合いの深さや、友人の親との面識があったかによって金額は異なります。また、個人で出すのではなく数人が集まって出す場合もあります。
隣近所:3,000〜5,000円


・贈り手の年齢が30代の場合
両親:50,000〜100,000円
義理の両親(妻の親・夫の親):50,000〜100,000円
祖父母:10,000〜30,000円
兄弟・姉妹:50,000円
義理の兄弟・姉妹:50,000円
おじ・おば:10,000〜20,000円
その他の親族(いとこなど):3,000〜20,000円

勤務先の上司本人:5,000〜10,000円
勤務先の上司のご家族:3,000〜10,000円
勤務先の社員(同僚や部下)本人:5,000〜10,000円
勤務先の社員(同僚や部下)のご家族:3,000〜10,000円

恩師:3,000〜10,000円 ※学生時代の関係や、卒業後のお付き合いの深さによっても異なります。個人で出すのではなく数人が集まって出す場合もあります。

仲人:10,000円
友人・知人:5,000〜10,000円
友人の両親:3,000〜10,000円 ※友人とのお付き合いの深さや、友人の親との面識があったかによって金額は異なります。また、個人で出すのではなく数人が集まって出す場合もあります。
隣近所:3,000〜10,000円


・贈り手の年齢が40代の場合
両親:100,000〜円
義理の両親(妻の親・夫の親):100,000〜円
祖父母:30,000〜50,000円
兄弟・姉妹:50,000円
義理の兄弟・姉妹:50,000円
おじ・おば:10,000〜30,000円
その他の親族(いとこなど):3,000〜30,000円

勤務先の上司本人:10,000〜円
勤務先の上司のご家族:5,000〜10,000円
勤務先の社員(同僚や部下)本人:10,000〜円
勤務先の社員(同僚や部下)のご家族:3,000〜10,000円

恩師:3,000〜10,000円 ※学生時代の関係や、卒業後のお付き合いの深さによっても異なります。個人で出すのではなく数人が集まって出す場合もあります。

仲人:10,000〜円
友人・知人:5,000〜10,000円
友人の両親:3,000〜10,000円 ※友人とのお付き合いの深さや、友人の親との面識があったかによって金額は異なります。また、個人で出すのではなく数人が集まって出す場合もあります。
隣近所:3,000〜10,000円


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック