本文へジャンプします。


現在位置:> > > 知っておきたい結婚式のご祝儀の相場についてまとめました

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

いざという時に慌てない!結婚式のご祝儀の相場は?

知っておきたい結婚式のご祝儀の相場についてまとめました

知っておきたい結婚式のご祝儀の相場についてまとめました

結婚式のご祝儀の相場は自分の年齢や、友人や兄弟、いとこなど相手との関係性によって変わります。夫婦で出席する場合や結婚式に欠席する場合は、ご祝儀はどのようにしたらよいのでしょうか。実際は地域による違いもありますが、結婚式のご祝儀の相場についてまとめました。

<目次>
知っておきたいご祝儀の基本的なマナー
20代のゲストのご祝儀相場
30代のゲストのご祝儀相場
40代、50代のゲストのご祝儀相場
欠席する場合や夫婦で出席する場合などのご祝儀相場

知っておきたいご祝儀の基本的なマナー

結婚式のご祝儀は、新札を用意するのがマナーですので、あらかじめ銀行に足を運んで準備しておきます。やむを得ない場合はお札のシワをアイロンで伸ばすなどして、シワシワのお札をご祝儀袋に入れないようにしましょう。ご祝儀袋の中袋へお札を入れるときは、表向きで肖像画が描かれている方を上にします。

ご祝儀の金額は、偶数は2で割り切れるため、別れのイメージがあり縁起が悪いことから、割り切ることのできない奇数が基本です。ただし、2は「ペア」という意味もあり、2万円のご祝儀は用いられることもあります。2枚のお札では気になるというのであれば、1万円札1枚と5千円札2枚で、お札の枚数を3枚にする方法もあります。4は偶数であるとともに、9とともに忌み数と言われる縁起の悪い数字ですので、4万円や9万円のご祝儀は避けるべきです。

また、ご祝儀袋をむき出しのままの状態で持って行くよりも、袱紗を用意した方がご祝儀袋を汚すこともなく、丁寧な印象です。袱紗は赤やピンク、黄色は慶事用で、紫は慶事にも弔事にも使えますが、慶事と弔事では包み方が異なります。ご祝儀を包むときには、右側が重なるようにします。最近では、封筒型の簡易な金封袱紗も一般的です。

20代のゲストのご祝儀相場

20代のゲストの結婚式のご祝儀の相場は、友人や知人、会社の同僚の場合は3万円が相場です。ただし、社会人1、2年目のときのご祝儀は、2万円でも問題ありません。
親族では兄弟姉妹に対するご祝儀は5万円、いとこは3万円が目安です。
自分が新郎や新婦の会社の上司にあたる場合のご祝儀は3万円から5万円が相場になります。
自分が部下にあたる場合は、同僚の場合と同様に3万円が目安になりますが、入社間もないタイミングで結婚式に招待された場合のご祝儀は、2万円でもマナー違反にはなりません。ただし、取引先の関係者の結婚式に招待された場合のご祝儀の相場は、20代では3万円が相場です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック