本文へジャンプします。


現在位置:> > > 香典返しはいつ頃に贈る?費用の目安や、のしなどのマナーまとめました

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

香典返しのマナー基礎知識

香典返しはいつ頃に贈る?費用の目安や、のしなどのマナーまとめました

香典返しはいつ頃に贈る?費用の目安や、のしなどのマナーまとめました

故人が亡くなった後、お通夜や葬儀、四十九日の法要などが執り行われますが、いただいた香典のお礼にあたる香典返しはいつ贈るものなのでしょうか。仏教以外の宗教でも、日本では香典返しの習慣が広まっています。そこで、香典返しを贈る時期や費用の目安、注意点などについてまとめました。

<目次>
香典返しはいつ贈る?
香典返しの相場や商品は?
香典返しの「のし」はどうする?
そのほかの注意ポイント

香典返しはいつ贈る?

香典返しは、お通夜や葬儀に参列し、香典をいただいたことに対してのお返しであり、弔事を無事済ませられたことの報告の意味合いも込められています。仏教では四十九日を過ぎて、忌が明けてから贈ることが一般的です。ただし地方によっては、お通夜や葬儀の当日、法要が終わった後に返礼品を渡す即日返しが行われています。

神式の場合は、三十日祭や五十日祭の後に、仏教と同様に慣習として香典返しが行われています。キリスト教の場合には、日本の香典返しにあたる習慣は本来ありません。ただし、カトリックでは「追悼ミサ」、プロテスタントでは「召天記念式」が死後1カ月後くらいに開かれたときに、日本では贈り物をするケースが多いようです。

葬儀の際に香典や供え物を辞退することを明示したケース、あるいは、香典を社会福祉事業へ寄附するケースでは香典返しは不要です。また、故人が一家の稼ぎ頭で子どもが小さい場合にも、香典返しはしなくてよいとされています。ただし、香典返しをしない場合にも、忌が明けたタイミングで挨拶状は送るべきです。故人の遺志で寄附をする場合はその旨を書き添えるとともに、「○○という施設に寄附した」、「子どもの養育費にあてる」といったように、挨拶状の中で香典の使い道を明確にしましょう。

香典返しの相場や商品は?

香典返しは、いただいた香典の半額程度の品物で、「半返し」をするのが一般的です。ただし、目上の方が残された遺族を気遣って、相場よりも高額な香典を包んでくださったときには、お返しの品物の金額は半額よりも抑えて、折に触れて挨拶をするほうが先方の気持ちに添えます。香典返しは辞退されても贈るのがマナーですが、中には複雑なしきたりを好まなかったり、職場で受け取りを禁じられていたりするケースもあります。香典の額を、香典返しを差し引いた額に調整している場合には、お礼状のみを送るほうが適切なケースもみられます。

親戚にも香典返しは用意しますが、両親や兄弟などにどの程度のお返しをするべきか、親族の暗黙のルールがあるケースもありますので相談しましょう。生花や果物などのお供え物、あるいは、参列できない親族などからの弔電などは、香典返しの品物を選ぶときに考慮しないのが一般的です。

また、会社からの香典は法人なのか、個人によるものかによって対応が変わります。法人名義での香典は、基本的には香典返しは不要です。会社名が入っていても、社長個人からであったり、個人的に列席してくださったりした場合には、他の方と同様に香典返しを送ります。また、職場の有志一同といった形で香典をいただいた場合には、出社した際に菓子折りを持参する形でも構いません。

香典返しは不祝儀ですので、一般的に「消えもの」がよいとされ、お茶やお菓子などお飲食物、洗剤などが向いています。ただし、飲食物でも「四つ足生臭もの」といわれる肉や魚、結婚の結納に使われる「昆布」、神事のお供えものであり、慶事を連想させる「お酒」は不適切です。また、最近では香典返しに商品券を贈るケースもみられますが、金額がわかるものを贈ることは、年配の方を中心に好まれないこともありますので、慎重に判断しましょう。好みがわからない場合には、カタログギフトも利用されています。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック