本文へジャンプします。


現在位置:> > > 葬儀にかかる費用の基礎知識 〜どこに何の費用を払うのか? 簡単に解説〜

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

葬儀にかかる費用とその仕組みをわかりやすくご紹介

葬儀にかかる費用の基礎知識 〜どこに何の費用を払うのか? 簡単に解説〜

葬儀にかかる費用の基礎知識 〜どこに何の費用を払うのか? 簡単に解説〜

家族葬といった言葉も登場し、さまざまな葬儀の形を選べる時代となりました。しかし、葬儀にかかる費用がわかりづらいために、いざというときの費用負担の心配をしている人が多いようです。葬儀にかかる費用やその仕組みについて、わかりやすくご紹介します。

<目次>
「葬儀費用」「変動費用」「宗教者謝礼」をあわせてお葬式の費用
「葬儀費用」にあたるのは?
「変動費用」にあたるのは?
「宗教者謝礼」にあたるのは?

「葬儀費用」「変動費用」「宗教者謝礼」をあわせてお葬式の費用となる

葬儀にかかる費用について、漠然とした不安を感じていませんか?
そのような不安は、葬儀にどんなことが必要なのかといった知識がなく、具体的なイメージができないために起こります。葬儀の費用の仕組みがわかるようになると、不安を軽減できます。

葬儀にかかる費用の分け方は、葬儀社によって変わります。ここでは、一般的な考え方の例で理解していきましょう。葬儀にかかる費用を大きく分けると、次の3つになります。

・葬儀費用
葬儀にかかる固定的な費用。葬儀社へ支払います。葬儀の規模(一般的な葬儀にするのか、家族葬にするのかなどの違い)によって変わり、使用する物品のグレードによる費用差も生じます。参列者の人数とは関係なくかかる費用です。
例:霊柩車、祭壇、遺影写真、斎場使用、火葬

・変動費用
参列者の人数によって変動する費用です。葬儀社へ支払います。
例:お通夜や葬儀の後の食事、会葬礼状、移動用マイクロバス

・宗教者謝礼
お世話になったお寺などへお渡しする分の費用です。宗旨・宗派によってお布施や御祭祀料、御礼など、呼び名が異なります。葬儀社への支払いとはならないことが、「葬儀費用」や「変動費用」との大きな違いです。無宗教葬の場合は、不要となります。
例:お布施(読経料、戒名料)、お車代

「葬儀費用」にあたるのは?

葬儀費用について、もう少し詳しく見ていきましょう。

・寝台車:病院からの遺体搬送(遺族の方も添乗可能)
・霊柩車:棺を火葬場などへ運ぶ
・枕飾り:遺体を安置したあとに、枕元に設置する小さな祭壇・死化粧:遺体に化粧をすること
・お棺:遺体を収めるための箱
・祭壇:供養を行うための葬儀用の祭壇
・骨壺:火葬したお骨を入れる壺で、材質は陶器やガラス、大理石など
・遺影写真:写真の色調整や背景変更、着せ替えなどの処理
・遺影生花飾り:遺影を生花で飾る
・案内看板や受付に必要な物品
・斎場使用料
・火葬料
・葬儀社の人件費

これらが葬儀のために基本的に必要となる費用です。火葬場や斎場の使用料は、地域や施設により、かかる費用が異なります。自宅で葬儀を行う場合は斎場使用料がかかりません。公営斎場は民営斎場に比べて使用料の低いメリットがありますが、人気があるため数日間待たされるケースもあります。民営斎場は使用料が高めですが、設備が整っています。

葬儀が小規模であればあるほど、葬儀社の人件費は少なくなります。どのようなスタイルの葬儀であっても、手配などの必要なことは葬儀社が行ってくれるため心配ありません。葬儀社が提示する内容の中から、霊柩車などのランクを選びましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック