本文へジャンプします。


現在位置:> > > 香典の書き方・包み方をチェックしよう〜葬儀の基礎知識〜

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

葬儀の際の香典マナーを再確認

香典の書き方・包み方をチェックしよう〜葬儀の基礎知識〜

香典の書き方・包み方をチェックしよう〜葬儀の基礎知識〜

お通夜や葬儀の際には、故人に供える花やお香に代わるものとして香典を持参します。香典にはさまざまなマナーがありますが、宗教や宗旨によって違う部分もあります。いずれもご遺族の方に失礼にならないようにしたいものです。
ここでは、香典を準備する際に知っておきたい、不祝儀袋の書き方や包み方について解説します。

<目次>
まずは筆記用具をチェック
上包みの書き方と注意ポイント
中袋の書き方は?
中袋(中包み)にお金を入れるときの注意ポイント
包み方のポイント

まずは筆記用具をチェック

香典に使用する不祝儀袋には、薄墨の筆や筆ペンを用いて書くのが正式とされています。かつて筆記具は筆と墨でしたが、薄墨は故人が亡くなった悲しみの涙のために、墨が薄くなってしまった、悲しみで墨をする力が入らなかった、などの意味を示します。その哀悼の意の表し方が、現代にも受け継がれているのです。

そのため、筆記具には薄墨の筆ペンなどを準備しておくのがよいのですが、手元にない場合には、黒の墨や筆ペンを使っても問題ありません。ただし、略式であるボールペンやサインペンで記入するのは失礼にあたりますので注意してください。不祝儀袋を購入する際に、筆ペンも一緒に購入しておくとよいでしょう。

上包みの書き方と注意ポイント

不祝儀袋は、白い奉書紙に黒白の水引をかけたものを選びます。宗旨により不祝儀袋や上書きは異なりますので、訃報を受けたときに確認しておきましょう。ご遺族に聞けなかった場合には、葬儀場に確認するとわかります。

・仏式の場合
仏式の場合、四十九日の法要までは「御霊前」、それ以降は「御仏前」が用いられるのが一般的です。しかし、浄土真宗の場合のみ、即成仏するという宗旨から「御霊前」ではなく「御仏前」です。このほか、「御香料」、「御香典」が用いられます。また、不祝儀袋に蓮の花が描かれたものは、仏式用となり、水引は白黒です。
 
・神式の場合
神式の場合は、「御玉串料」、「御神前」が用いられますが、「御霊前」でも構いません。白色無地の不祝儀袋に、白色の水引を用います。

・キリスト教式の場合
キリスト教の場合では、「御花料」が一般的です。カトリックの場合には、「御ミサ料」や「御霊前」、プロテスタントの場合には「忌慰料」も使われます。不祝儀袋は十字架やユリなどが印刷されたキリスト教用のものを用い、水引は必要ありません。

・宗教がわからない場合
宗教がわからない場合や無宗教の葬儀の場合、表書きで汎用的なのは「御霊前」です。不祝儀袋は無地白色で銀の水引のものを用いましょう。



また、上包みの表書きの下段に記載する名前は、フルネームで、表書きよりも少し小さめに書くようにします。肩書きがある場合には、名前の右側に名前よりも小さく書きます。
連名の場合は、3名までなら表書きに、それ以上になる場合は代表者名や団体名一同とし、中包みに全員分を記載した別紙を入れるのがマナーです。
また、上包みの裏の左側には、住所氏名を記載しましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック