本文へジャンプします。


現在位置:> > > 結婚式の内祝いを贈る相手や予算の目安、のしなどを基本から解説!

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

結婚式のお返し(内祝い)の基礎知識

結婚式の内祝いを贈る相手や予算の目安、のしなどを基本から解説!

結婚式の内祝いを贈る相手や予算の目安、のしなどを基本から解説!

結婚式に際してご祝儀やお祝いの品をいただいたとき、内祝いはどのように贈るべきなのでしょうか。結婚式に招待していない人からお祝いをいただくこともあります。結婚式の前後は忙しくなりがちですので、内祝いについて理解しておき、早めの準備を心掛けましょう。

<目次>
結婚式のお返し(内祝い)について
内祝いの相場と、お返しをする時期はいつ?
「のし」「表書き」のマナー
そのほかの注意ポイント

結婚式のお返し(内祝い)について

結婚のご祝儀をいただいた方に対しては、結婚式の出席者には引き出物を渡していますので、内祝いは不要です。結婚式に招待していない人や招待したけれども欠席された方からお祝いをいただいたとき、内祝いを贈る対象になります。ただし結婚式の出席者でも、相場よりもご祝儀が多い、ご祝儀以外にも高価なお祝いの品をいただいているケースなど、引き出物ではお返しが不十分な場合には、内祝いを贈ります。

また、結婚式の引き出物は一般的に両家からの贈るものになりますが、内祝いは結婚した本人から贈ることが両者の違う点です。そのため、夫婦の片方しか面識のない相手の場合、内祝いは夫婦の片方から贈るケースもあります。結婚式の前後は忙しく、バタバタとしがちです。ご祝儀をいただいたときに、日時やいただいた金額や品物、結婚式への招待の有無、氏名や住所、電話番号などのリストを作成しておくと、内祝いをスムーズに贈りやすくなります。

内祝いの相場と、お返しをする時期はいつ?

結婚の内祝いの相場は、いただいた金額や品物の半額から3分の1程度です。いただいた品物の金額がわからないときは調べて、おおよその金額を把握しておきます。ただし、結婚式に招待していない親戚から高額なお祝いをいただいた場合には、親族内のルールがある場合がありますので、親に相談しましょう。職場などで複数人のグループからお祝いの品物をいただいた場合には、一人あたりの負担額に換算します。一人あたり1,000円〜2,000円程度のお祝いの場合は、タオルやお菓子などのプチギフトを贈るとよいでしょう。

結婚のお祝いのお返しは、結婚披露宴を開いてから1カ月以内に贈ります。内祝いには、無事結婚式を済ませたことを報告する意味合いもありますので、早ければよいというものではなく、結婚式後のタイミングで贈りましょう。結婚式を挙げずに入籍した場合は、お祝いをいただいてから1カ月以内が内祝いを贈るタイミングの目安です。結婚してから数カ月が経過し、相手が忘れた頃に届くのはマナー違反となり、失礼にあたりますので注意してください。

また、お祝いをいただいたときにも、すぐにお礼の言葉を伝えるべきです。手渡しでお祝いをいただいた場合はその場でお礼が言えますが、郵送で届いたときにはお礼の電話を入れておきましょう。

結婚のお祝いは結婚式を挙げた後、3カ月ほど経ってからいただくケースもあります。後からお祝いをいただいた場合にも、内祝いを贈ります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック