本文へジャンプします。


現在位置:> > > 老後までにいくら貯める必要がある? 知っておきたい老後のお金

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

ライフプラン

老後の生活資金はいくら必要?

老後までにいくら貯める必要がある? 知っておきたい老後のお金

老後までにいくら貯める必要がある?

現状でも厳しい老後の生活。私たちが明るく、楽しい老後生活を送るためには早めに老後のお金を準備しておく必要がありそうです。

では、公的年金以外に具体的にいくら貯めればよいのでしょうか?
ざっくりいうと、60歳までに最低でもシングルで2,000万円、夫婦なら3,000万円。

内訳は、無年金期間の生活費+65歳以降の、公的年金では足りない部分の生活費+もしもの病気や介護に備えるお金。これらの合計が、老後までに公的年金以外に準備しておかなければならないお金、ということになります。退職金がもらえる人は、ここからその分を差し引いてOKです。

老後までにいくら貯める必要がある? 知っておきたい老後のお金

でも、先ほど、夫婦2人の世帯でゆとりある老後を送ろうと思うと、毎月の必要額が約14万円アップするという話をしましたが、月14万円ということは、年間168万円。仮に90歳まで生きるとすると、60歳〜90歳までの30年間では5,040万円。最低限の日常生活を送るために元々必要な3,000万円を足すと、8,040万円もの貯蓄が必要ということになるのです(*5)。

う〜ん、心してかからねば準備できそうにありませんね。

女性はいずれおひとりさまの可能性大!早めに老後資金の準備を

「60歳までに数千万円も貯めるのはとてもムリだわ」という声がきこえてきそうですが、とにかく早めに老後のお金の準備をスタートさせましょう。特に女性は早めの準備を心がけたいもの。
というのも、日本人男性の平均寿命は80.79歳、女性は87.05歳(2015年簡易生命表)(*6)という現実を見ると、結婚している、していないにかかわらず、女性が将来おひとりさまになる可能性は大きいからです。

数千万円という大きな金額を一気に貯めるのは難しいので、できるだけ早いうちから、毎月コツコツと積み立てでお金を貯めていくとよいでしょう。

どんな方法がよいのかは、老後までに残された年月が長い/短い、リスクをとってもよい/とりたくないなどの条件によっても異なりますが、女性の場合、総じて「どうもリスクをとった資産運用には抵抗があって…」という人が多いよう。

こういう場合には、保険商品のひとつである個人年金保険を活用するのがおススメ。
月々1万円程度から積み立て可能で、受取期間、年金開始年齢などを自由に選択できます。保険ですから死亡保障もついているうえ、一定条件を満たせば節税も可能です。

こうした商品を上手に活用して自分年金を準備しておけば、公的年金の空白期間も円滑に乗り切れそうですね!


■引用元
(*1)http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nen/index.htm
(*2)http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nen/index.htm
(*3)http://www.jili.or.jp/press/pdf/press_160920.pdf#search=%27%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%8C%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB%27
(*4)http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life15/index.html
(*5)http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life15/index.html
(*6)http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life15/index.html

<前へ   1  2  3 

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック