本文へジャンプします。


現在位置:> > > 少しでも早く完済をめざしたいなら知っておきたい、住宅ローンのトクする返済方法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

住宅

賢く住宅ローンを返済する方法

少しでも早く完済をめざしたいなら知っておきたい、住宅ローンのトクする返済方法

少しでも早く完済をめざしたいなら知っておきたい、住宅ローンのトクする返済方法

借りたお金は早めに返したいもの。それは住宅ローンも同じです。30年、35年と金利を払いながらローン返済を続けるより、できることなら早く完済して、家計への負担も気持ちも軽くしたい!と誰もが思うことでしょう。
無理なく、ムダなく住宅ローンの返済を進め、少しでも早いタイミングで完済をめざすための方法をご紹介します。

<目次>
ローン返済をお手軽にスピードアップするには?
返済期間を短縮する?月々の返済額を減らす?
繰り上げ返済の「し過ぎ」に注意!
借り換えでトクする3つの条件
どちらにしても家計のやりくりが肝心

ローン返済をお手軽にスピードアップするには?

「35年の長期でローンを組んではみたけれど、子どもの教育費もこれからが本番。これからますます出費も増えそう」「今のままのペースではローンを完済するのが65歳を過ぎてしまいそう。老後にローンの返済が残らないように今のうちからせっせと返済していきたい」。そんな場合にはどんな方法があるのでしょうか。

まず、もっともお手軽なのが「繰り上げ返済」です。住宅ローンを借りたら、毎月いくら、人によってはそれに加えてボーナス月にはいくら、という形で返済をしていくことになりますが、こうした決められた金額以外に一時金として返済を行うことで、住宅ローンの残高を減らすという方法です。繰り上げ返済をした一時金は、月々の返済額とは異なり、全額が元金の返済に充てられます。そのため、元金から将来にわたって発生するはずだった利息をまるまるカットできるという利点があります。例えば、金利2.3%で3,000万円、35年返済の住宅ローンを組んでいたとしましょう。これを、借り入れの1年後に100万円繰り上げ返済すると、トータルで約114万円も利息を減らすことができるのです。

金融機関によって、100万円単位のお金がないと繰り上げ返済ができなかったり、繰り上げ返済のたびに手数料がかかったりするところもあれば、1円から手数料なしで自由に繰り上げ返済できるところもあります。少しでも早いタイミングで住宅ローンを完済して気持ちを軽くするためにも、借りたお金にかかる利息を賢く減らすためにも、住宅ローンを「借りる」時点で繰り上げ返済がしやすいかどうか、チェックをしておきましょう。

住宅ローンおすすめランキング



【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック