本文へジャンプします。


現在位置:> > > 買いどきを逃さない!賢いマイホーム購入資金の貯め方

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

住宅

購入するなら頭金2割が目標

買いどきを逃さない!賢いマイホーム購入資金の貯め方

買いどきを逃さない!賢いマイホーム購入資金の貯め方

頭金2割、諸費用で1割、合計で物件購入価格の3割の自己資金が必要になるといわれるマイホーム購入。マイホーム購入の一番のネックとなるのがこの自己資金なのではないでしょうか。でも、買いどきを逃さないためには、計画的に自己資金を貯めておくことが不可欠です。どうすればムダなく、賢く購入資金を貯めることができるのでしょうか。


<目次>
頭金2割が必要なワケ
諸費用は物件価格の1割が目安
頭金を貯めるための王道は?
財形利用者だけの特別融資もある
手元資金を賢く増やすには
積立額を増やすことで貯まるスピードもアップさせよう

頭金2割が必要なワケ

マイホームを購入したいと思ったら、準備しなければならないのが頭金です。近年では、「頭金ゼロでも購入できます」という謳い文句のマンションの広告も時々見かけますが、もし新築の物件を購入するのであれば、マネープランの観点から考えると、できれば物件価格の2割の頭金を準備したいところ。なぜなら、通常新築物件の価格には、2割ぐらいの不動産業者の利益や広告費が上乗せされているからです。「頭金ゼロでも購入できます」と謳っている、その広告にかかっている費用だって、物件の価格に含まれているワケです。

どんな新築物件も、いったん住んでしまえばその瞬間から「中古物件」になります。2割ぴったり価格が下がるかどうかは別にしても、もし居住後に何らかの事情で売りに出さなければならなくなった場合には、購入時より大幅に価格が下がってしまうのが現実です。ですから、少ない頭金で購入してしまうと、売りに出したときの価格<ローン残高という事態になってしまい、「売りたいのに売れない」という惨事を招いてしまいかねません。ずっと住み続けるという保証があるのであればこうした心配は不要かもしれませんが、一寸先に何が起こるか分からないのが人生です。にっちもさっちもいかない、という事態を回避するためにも、マイホームを購入したいのであれば頭金2割をめざして頑張りましょう。

住宅ローンおすすめランキング

諸費用は物件価格の1割が目安

さらに追い打ちをかけるようですが、購入時にかかる諸費用として物件価格の1割程度を見積もっておく必要があります。内訳は、住宅ローンの事務手数料、登記費用、火災保険料、税金など。それから、いざ引っ越しとなると、引っ越し代や新しい家具の購入費用なども必要になりますね。これらを合計すると、概ね物件価格の1割程度になります。中古物件の場合には、購入の時点ですでに中古価格であること、新築物件ほど広告費がかかっていないケースが多いことから、頭金は多少少なめでもよいかもしれませんが、その分、仲介手数料が必要になります。仲介手数料は、仲介してくれた不動産業者によっても異なりますが、物件価格の3%程度。どちらにしても、頭金と諸費用を合わせて物件価格の3割の自己資金をめざしたいところです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック