本文へジャンプします。


賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

女性のライフステージごとのマネープラン、住宅ローン、老後資金、教育費、資産運用、保険など、知って得するお金の情報を紹介します。

保険

2015年1月から、相続税が増税されました。以前は相続税を納める人は、遺産を相続する人のうちほんのわずかでした。しかし、税の改正によって相続税の非課税枠が大幅に縮小されたため、かつてなら税金がかからなかった人でも、今年からはかかる可能性があります。そこで今注目されているのが、生命保険を活用した節税方法です。

サラリーマンが会社で加入することができる「団体保険」。福利厚生制度の一環として、会社で勧められたことがあるのではないでしょうか。団体のメリットを生かし、安価に加入できますが、どの様な保険種類があるのか、メリット、デメリットを交えてお伝えします。

保険

掛け捨てvs貯蓄型保険

2015.02.02

掛け捨てvs貯蓄型保険、どっちがおトク?

生命保険に入るときは、「掛け捨て保険」と「貯蓄型保険」のどちらを選ぼうか迷うことがあります。どちらも同じ保障を得られるけれど、掛け捨て保険はかけ金が安い、貯蓄型保険はあとでお金が戻ってくる……。一体どちらがおトクなのでしょうか? 今回は、掛け捨て保険と貯蓄型保険の違いを解説します。

今や日本の女性の8人に1人の割合で罹患するといわれ、女性のガンの死亡原因でダントツ1位の乳がん。30代以降の発症率が高く、まさに働き盛りの女性たちにとって脅威の存在であるといえます。がんになると一番心配なのは治療費などお金にまつわる問題。そこで、実際に乳がんを経験した株式会社はぴきゃり取締役の土屋美樹氏にインタビュー。お金の不安への対処方法など乳がんと戦ったリアルな体験談をお話ししていただきました!

女性が保険に加入するとき、注意したいのが「妊娠」です。妊娠をすると、健康で病気をしたことがなくても生命保険や医療保険に加入できなくなることがあるからです。妊娠は病気じゃないのになぜ? 妊娠にまつわる保険のウソ・ホントをご紹介します。

保険

「もしも」のときにかかる保険金の税金

2014.10.02

パートナーに「もしも」の場合、保険金への税金はどうなる?

生命保険は、人が“もしも”亡くなったら保険金が下りるものです。でも、保険金を受け取ると、税金がかかります。どんなときに、どんな税金がかかるのでしょうか? 今回は、生命保険金にかかる税金の仕組みを解説します。

保険

赤ちゃんの生命保険加入

2014.09.25

生命保険、何歳から入れる?0歳から入るメリットとは?

環境汚染の進行などで小さな身体への影響を危惧してか、0歳の赤ちゃんから保険加入を検討する親が増えています。実際のところどこまで健康に影響するのかはわかりませんが、親として小さな分身を守りたい気持ちは当然です。赤ちゃんにはどの生命保険が必要なのでしょうか。

前の7件へ 1 2 3 4 5 6 7 8次の7件へ


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

女性のための「無料セミナー」 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます