本文へジャンプします。


賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

女性のライフステージごとのマネープラン、住宅ローン、老後資金、教育費、資産運用、保険など、知って得するお金の情報を紹介します。

保険

保険

自分にあった保険の選び方とは

2015.09.28

ライフスタイル別で考える、人生設計にあった保険の選び方

夫婦と子ども2人が平均的な家族像といわれたのは、一昔前のこと。現代には、おひとりさま、DINKS、ファミリー、シングルマザー、シングルファザーなど、さまざまなライフスタイルや家族の形があります。保険は私たちの生活に深く関わる商品ですが、ライフスタイルや家族構成によってどんな必要になるかは誰もが同じではありません。保険に入る際には、自分にとって必要な保険を考えることが大切です。

保険

かんぽと民間の保険 どっちがいい?

2015.08.06

かんぽと民間の保険 加入するならどっちがいい?

2007年の民営化後も、国民の基礎的生活手段を保障することをモットーに、さまざまな保険商品を提供しているかんぽ生命。民間生命保険と比べてもいくつかの高いメリットを誇っています。でも、自分や家族の保険を選ぶとしたら?かんぽと民間生保とではどちらが良いのでしょうか?

保険

なにが違う?生保と共済

2015.07.13

共済と民間の生命保険ってなにが違うの?

共済と生命保険。どちらも私達の生活のなかで起こるさまざまなリスクに対して保障をしてくれる助け合いの制度です。良く似ているけど異なる両者の仕組み。共済の仕組みを知り、生命保険との違いを確認しながら、おトクに備える。マネー美人になっちゃいましょう。

保険

地震保険って必要? 

2015.06.15

地震保険に入るなら?相場と補償範囲を学んでおこう

地震列島といわれる日本。ほぼ毎日、日本のどこかで地震が起こっています。地震や噴火などの自然災害が起こった場合の経済的損失は計り知れず、経済的な損害は保険などで準備をすることが必要です。地震保険の加入状況、仕組み、保険料相場などを把握し、地震保険でもしもの対策をしましょう。

「赤ちゃんを授かりたい……」というのは多くの女性の願いでしょう。現代は、さまざまな理由から女性が妊娠しにくく、「妊活」を始める人が急増しているようです。いざ、妊活を始めるとなると、気になるのが費用のこと。妊娠できるまでの期間はひとそれぞれ。かかる費用も治療のレベルや回数などによって大きく違います。まずは、妊活中にかかるお金を知り、不妊治療の助成金などを上手に活用して、安心して治療を受けましょう。

「日本人の2人に1人はがんになる」といわれる時代、がん家系ではなくてもがん保険に入る人も少なくありません。でも、本当に私にとって必要? そう迷ったら、どのようにしてがん保険を検討すればよいのでしょうか?がんでかかるお金やがん保険のチェックポイントを解説します。

人生の3大資金のうちのひとつといわれている教育費。すべて公立の学校へ進学したとしても子どもを大学に行かせるには一人最低1,000万円は必要といわれています。中でも教育費の最大のヤマ場である大学費用をスムーズに乗り切るためには、計画的にお金を貯めることが必要です。そこで今回は、学資保険で大学の学費を賢く準備した体験をもつ飯田悟子さんにインタビュー。学資保険を賢く活用するコツを教えてもらいました!

前の7件へ 1 2 3 4 5 6 7 8次の7件へ


人気キーワード: 確定申告 年金 貯金 老後

What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

女性のための「無料セミナー」 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます