本文へジャンプします。


現在位置:> > > 働けなくなった時に安心!所得補償保険について学んでみよう

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

保険

万一の時に心強い「所得補償保険」とは?

働けなくなった時に安心!所得補償保険について学んでみよう

収入保障保険とは

収入保障保険は「死亡保障」の保険であり、「生きていくための保険」である所得補償保険や就業不能保険とは目的が異なります。

一般の生命保険との違いは、保険金が比較的安価で高い死亡保障や高度障害保障が得られること。その分、受け取るタイミングによって、総受取金額が少なくなる仕組みです。

入院や手術に備える医療保険との違いは、保障の範囲。医療保険は病気やケガによる入院や通院などを広く保障してくれます。

「収入保障保険の特徴」
・死亡後、契約で定められた保険期間満了時まで年金を受け取れる
・保険期間満了時が決まっているため、死亡時期により総受取金額が変わる
 契約してから間もないタイミングで死亡した場合:総受取金額が大きい
 満了時期に近いタイミングで死亡した場合:総受取金額が小さい(※)
 ※最低保証期間がある場合、満了時期を過ぎても保証期間分は受け取れる
・年金として受け取る保障のため、一度に多く受け取る一般の生命保険に比べ計画的に使うことができる
・掛け捨ての保険である
・特約を付けることで、保障の範囲を広げられる場合もある

所得補償保険のメリットと、おさえておくべきポイント

所得補償保険と就業不能保険につき、ほぼ同じものとしてメリットとポイントをご紹介します。

「所得補償保険(就業不能保険)のメリット」
・病気やケガで働くことができなくなった時の生活費に困らない
・介護費用負担の備えにもなる

「おさえておくべき大事なポイント」
・うつ病などの精神疾患は対象外であることが多い
 (チューリッヒ生命の「くらすプラス」など、うつ病を対象としている保険もある)
・保険会社ごとに保障内容が異なるため、「自分にとって必要な保障の範囲」となっているかどうかをしっかりチェックする必要がある
・公的保障制度とのバランスを考えて保障額を決めるとよい

働けなくなった時の公的保障として、傷病手当金、障害年金の制度があります。しかし、国民年金に加入している自営業者などは傷病手当金制度の対象外であり、公的保障制度だけでは十分な保障が得られない場合もあります。自営業者以外の会社員などでも、公的保障を補う民間の保障として検討するとよいでしょう。

「公的保障制度のポイント」
・国民健康保険加入の自営業者などは傷病手当金の対象外
・傷病手当金の一般的な支給期間は1年6カ月(※)
・傷病手当金の額は標準報酬月額の2/3程度(※)
・障害年金受給額
 1級の場合の年額:77万9,300円×1.25+子の加算
 2級の場合の年額:77万9,300円+子の加算

(出典)全国健康保険協会:
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r307#q2

所得補償保険を取り扱っている会社を紹介

所得補償保険(就業不能保険)を取り扱っている会社は複数あります。例として3つの保険をご紹介しましょう。

(1) ライフネット生命:働く人への保険2
・就業不能状態となってから60日(180日)は支払い対象外
・給付金月額は年収に応じて10万円〜50万円の間で設定※(5万円ごと)
 ※年収によって上限があり、年収100万円以下の人は申し込み不可
・保険期間は55歳から最長70歳まで
・一定期間の給付金を半分にするハーフタイプもある
・支払月額例(男性、給付金月額10万円、保険期間65歳の場合)
 20歳:1,502円(対象外期間180日)、2,055円(対象外期間60日)
 50歳:2,698円(対象外期間180日)、4,163円(対象外期間60日)
・高度障害給付金(就業不能給付金の10倍の金額)を1回だけ受け取れる
・所定の高度障害状態になった場合、払い込み免除となる

(2) アフラック:給与サポート保険
・被用者保険※の加入者は短期、長期保障を選べる
・就業困難状態となってから60日は支払い対象外
・保険期間最長60歳、または65歳まで
・募集代理店との面談が必要
・支払月額例(短期給付金月額10万円、長期給付金月額20万円)
 20代:およそ3,800円
 50代:およそ6,500円
・メンタルヘルス電話相談サービスが無料
・メンタルヘルス面談サービス年間5回まで無料
・社会保険労務士紹介サービスが無料
※協会けんぽや健康保険組合、各種共済組合、船員保険

(3) チューリッヒ生命:くらすプラス
・うつ病などのストレス性疾病による入院(60日超)や5疾病で就業不能(60日超と診断)になった時、年金を受け取れる
・確定年金のため、復職しても年金総額を受け取れる
・年金受取総額を選べる(240万円、360万円、600万円、1,200万円)
・年金の受け取り方法を選べる(毎月、一括、一部一括)
・主契約、入院給付金免責日数60日特約の保険期間は終身
・ストレス性疾病保障付就業不能保障特約は55歳から最長70歳まで保険期間を選べる(5歳ごと)
・保険料払込期間は55歳から最長70歳まで選べる(5歳ごと)
・契約年齢は20歳〜60歳
・保険料支払方法は月払いと年払いのどちらかを選べる
・年金10万円/月、入院給付金5,000円/日(入院限度日数120日型)を受け取れる
・支払月額例(60歳払込満了、年金受け取り期間10年)
 30歳男性:5,715円(年払いにすると2,460円/年おトク)

(出典)ライフネット生命:
http://www.lifenet-seimei.co.jp/product/disability/about.html
アフラック:
http://www.aflac.co.jp/campaign/af/ksupport/
チューリッヒ生命:
http://www.zurichlife.co.jp/product/kurasuplus/


<ライタープロフィール>
牡丹
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。住まいや教育、老後など、生活に密着したお金の話をわかりやすく伝えるライターとして活動中です。

<前へ   1  2 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック