本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【保存版】世界一分かりやすい保険講座!〜種類とその特徴〜

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

保険

世界一分かりやすい保険講座!〜種類とその特徴〜

【保存版】世界一分かりやすい保険講座!〜種類とその特徴〜

【保存版】世界一分かりやすい保険講座!〜種類とその特徴〜

生命保険はとてもわかりにくいもの。専門用語も多く、商品もたくさんあります。勉強しようとして、途中で挫折してしまった人も多いのでは?
実は、生命保険の基本的な仕組みは意外と単純なのです!今回は、主な生命保険の種類とその特徴、注意点などを最近の動向とともに、わかりやすく解説します。

1. 死亡に備える保険

死亡や高度障害状態など、もしものときのために備える保険としては、主に、定期保険、終身保険、収入保障保険があります。

1-1.定期保険(死亡保険)
定期保険は、一定期間だけ保障があり、死亡したときや保険会社が定める高度障害状態になったときに保険金が受け取れます。通常、満期保険金(保険期間が満了した時に戻ってくる保険金)はなく、保険料は掛け捨て(払った保険料が全く戻ってこないこと)。その分保険料は割安になっています。
メリットは、子どもが小さい時期や教育費がかかる時期などに、安い保険料で大きな保障を得られる点です。
ただし、保険期間は一生涯(終身)ではないことに注意しましょう。定期保険は、その時点での必要保障額を確認してから加入することが大事です。

1-2.終身保険
終身保険は、一生涯にわたって保障があり、死亡したときや保険会社が定める高度障害状態になったときに保険金が受け取れます。満期保険金はありませんが、途中で解約したときには解約返戻金(解約時に払い戻されるお金)があります。
商品によっては、長期間加入すると解約返戻金が支払保険料の総額を上回ることもあり、貯蓄性が高いのが特徴。ただし、その分定期保険よりも保険料は高めになります。
なお、終身保険と定期保険を組み合わせた「定期保険特約つき終身保険」もあります。

1-3.収入保障保険
収入保障保険は、基本的な仕組みは定期保険と同じですが、死亡保険金を「年金形式」で受け取れるという特徴があります。
例えば、「60歳まで毎月10万円ずつ受け取り」というように、分割で受け取ることができるのです。受取期間は契約時に決めるので、何もなければ時間の経過とともに死亡時の受取総額が減っていきますが、その分保険料は定期保険よりもさらに安くなっています。
受取期間の最後のほうで死亡すると受取総額が少なくなるので、通常、受け取りの最低保証期間(2年か5年が多い)があります。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック