本文へジャンプします。


現在位置:> > > 掛け捨てvs貯蓄型保険、どっちがおトク?

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

保険

掛け捨てvs貯蓄型保険

掛け捨てvs貯蓄型保険、どっちがおトク?

掛け捨てvs貯蓄型保険、どっちがおトク?

掛け捨て保険のメリット・デメリット

「掛け捨て」の保険とは、おもに生命保険の定期保険など、一定の期間中は保障が確保され、その期間が終了すると保障がなくなるもの。期間中に死亡や高度障害がなければ、保険金を受け取ることなく終了します。支払った保険料は文字通り「掛けただけ」で戻ってこないので、「掛け捨て」と呼ばれます。

掛け捨て保険のメリットは、保険料が安いこと。貯蓄性の保険に比べて、少ない保険料で大きな保障を得ることができます。たとえば、ある保険会社で30歳男性が1,000万円の死亡保障のついた保険に契約する場合、定期保険では月々の保険料は2,810円(保険期間60歳まで。60歳払い済み)です。これに対して、同じように1,000万円の死亡保障が付いた終身保険に契約すると、月々の保険料は18,380円(60歳払い済み)になります。

反面、掛け捨て保険の多くは定期保険ですので、保障が得られる期間が限られています。保険期間が終了したら、一切保障はなくなってしまいます。たとえ保険期間の1日後に亡くなったとしても、保険金は1円も受け取れません。引き続き保障を確保するなら、新しく定期保険などに加入し直すか、定期保険の契約を更新する必要があります。その場合、改めてその時点での年齢に応じた保険料が設定されますので、以前よりも高くなるのが一般的です。「自動更新」ができる契約なら、保険期間が満了する前に更新しないことを申し出ない限り、原則としてその時の健康状態にかかわらず自動的に契約が更新されます。しかし、新しく保険に契約する場合には、改めてその時点での健康状態について告知をする必要があります。病気をしたり、治療中であったりすると、希望通りの条件で契約できないこともありますので、注意しましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック