本文へジャンプします。


現在位置:> > > がんは「治る」時代、生きていくために知っておきたい「がん保険」の活用法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

保険

がん保険、入ったほうがいい?

がんは「治る」時代、生きていくために知っておきたい「がん保険」の活用法

知っておきたい、がん保険の落とし穴

ところで、がん保険で注意しておきたいのが、加入した直後にがんが発見されたら、すぐに保険金がもらえるわけではないということ。がん保険の多くは加入してから90日間の待機期間があり、この90日間は、がんという診断が下されても保険金は支払われません。「なんだか最近体調が思わしくないな」「近々人間ドックに入るから、その前にがん保険に加入しておこう」と加入しても、この期間があるため、結局、保険金がもらえなかったということも意外とあります。いざという時に慌てずに済むように、健康なうちから加入しておくことがオススメです。

また、最近通院治療が増えているとはいえ、すべてのがん保険で通院治療をカバーしてくれているとは限りません。商品によって、通院保障のあるものとないものがあるので、通院治療を保障してくれるか、どのような条件と日数で保障してくれるのかはぜひ確認しておきましょう。

とかく治療費が高額になりがちながん治療。結果的に治すことができたとしても、マネープランに大きなダメージを与えてしまう可能性があるのががんという病気です。「貯蓄はあるけれど、子供の教育費や老後のためにも減らしたくない」「がんになったらお金の問題を気にせずに治療に専念したい」という人は、先回りしてがん保険に加入しておきたいものです。

<前へ   1  2  3 

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック