本文へジャンプします。


現在位置:> > > 教育費準備のマストアイテム!? 学資保険の賢い選び方&入り方

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

保険

失敗しない学資保険選びの秘訣

教育費準備のマストアイテム!? 学資保険の賢い選び方&入り方

教育費準備のマストアイテム!? 学資保険の賢い選び方&入り方

子どもが生まれたら学資保険は必要?

子どもが生まれたら、やっぱり気になるのは教育費ですよね。マタニティ雑誌や育児雑誌にある学資保険の広告についつい目がいってしまうという人も多いことでしょう。学資保険って、必ず入るべきなのでしょうか?それを考える前に、学資保険の仕組みを知っておきましょう。

「学資保険」は、お父さんやお母さん、場合によってはおじいちゃん、おばあちゃんが契約者になって保険料を払います。進学の時期に合わせて満期金がもらえるようになっていて、それを教育資金として使える設計になっています。保険会社によっては「子ども保険」と呼ばれていることもありますが、基本的は同じ仕組みの保険商品です。「学資保険」と「子ども保険」、どちらも子どもの万が一に備えるための保険ではありません。お父さんやおばあちゃんなどの契約者にもしものことがあった場合に、以後の保険料を払わなくても満期時には満期金が受け取れる仕組みになっています。

保険は教育費準備のマストアイテム

では、子どもが生まれたら、学資保険に入ったほうがよいのでしょうか?結論から言うと、少なくとも教育費の一部は学資保険か、同じ役割を果たせるなんらかの保険商品で準備するのがオススメです。多くの家庭で子どもの教育費は親にとって頭の痛い問題。特に大学や専門学校への入学や在学中の費用が家計に与える影響はかなりのもの。仮に、私立の4年制大学に進めば4年間で600〜800万円が必要になるのですから、毎月の給料でやりくりするのはほとんどの人にとって、もはや不可能。そこで、その一部は学資保険など満期金がもらえるタイプの保険でコツコツと貯めておいたお金を使って乗り切ろうというわけです。

ところで、高校卒業前後に向けてコツコツお金を貯めるだけなら、定期預金などで貯蓄をするだけでもいいのでは?と思うかもしれませんね。でも、やっぱり学資保険や子ども保険で準備するのが定番といわれるのは、それなりのワケがあります。仮に子どもが小さい間にお父さんやお母さんにもしものことがあって収入がストップしてしまったら、教育費のための貯蓄どころじゃなくなってしまいますね。でも保険なら、定期預金にはない「保障」がついています。元気なときには満期金、もしものときには保険金という形で、必ず教育費を準備してあげることができるのです。しかも保険は、銀行預金のように「今いくら貯まっているか」がいつでも簡単に確認できるわけではないので、ほかにお金が必要になることがあってもアテにしにくいといった意外な効果も。その分、お金を確実に残しやすいんです。


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック