本文へジャンプします。


現在位置:> > > 今からでも遅くない!お財布にやさしいダイエット特集!

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

健康・美容

お財布にやさしいダイエット特集

今からでも遅くない!お財布にやさしいダイエット特集!

今からでも遅くない!お財布にやさしいダイエット特集!

ダイエットは女性の体のリズムに合わせると効果的・効率的に痩せられる

明日からダイエットしよう!と意気込んではうまくいかずに挫折……。そんな経験、ありませんか?実は、女性の体はダイエットに向いている時期と向いていない時期があるんです。せっかく始めるなら、痩せやすい時期にダイエットをすると、無駄な労力とコストをかけずにすみます。

女性の体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンのバランスが日々変化しています。20〜40日(おおよそ1ヶ月)の間に、エストロゲン(卵胞ホルモン)分泌が増える卵胞期、排卵期、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌がさかんになる黄体期、月経という4つのサイクルがあります。実はこのうち、卵胞期はダイエットに向いているのです。

卵胞期は体が軽く感じられて、運動をしやすくなります。また排卵日直前は、ホルモンバランスが筋肉量を増やしやすい状態になるので、運動の効果が出やすいといわれています。この時期は、肌の調子が良く、体のむくみも取れ、精神的にも安定しやすい時期なので、前向きにダイエットをがんばることができます。いつもよりも多く歩くなど、運動量を増やすと脂肪燃焼効果がアップしますよ。食事面でも、つい手が伸びてしまう間食・甘いものをがまんしやすい時期です。ストレスが溜まると甘いものが食べたくなり、がまんするとイライラしてしまいがちですが、卵胞期に合わせると比較的がまんしやすくなるでしょう。朝昼晩の3食を欠かさず、主食、主菜、副菜をそろえてバランス良く食べるとより効果的ですよ。

逆に、排卵後から次の月経までの黄体期は、あまりダイエットには向いていません。黄体ホルモンの影響で手足が冷え、体がむくみ、体重が増えやすくなるためです。疲れやすくなることもあるので、無理に食事を制限したり、運動をしすぎたりすると体調を崩してしまう恐れがあります。精神的にもイライラしやすくなったり、食欲をコントロールしにくくなったりします。この時期には少々体重が増えても気にせずに、リラックスして過ごすのがおススメです。

自分の体のリズムを知るには、基礎体温を測るのが近道。測った体温を記録すると、生理日や排卵日を予測してくれるスマートフォンのアプリもあります。無料のアプリでも機能が充実しているものがたくさんあるので、特別にお金をかけなくてもすぐに始められますよ。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック