本文へジャンプします。


現在位置:> > > 体内環境整備でがん予防!? 知っておきたい女性疾病の予防法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

健康・美容

女性疾病に負けないための準備を

体内環境整備でがん予防!? 知っておきたい女性疾病の予防法

体内環境整備でがん予防!? 知っておきたい女性疾病の予防法

女性特有のがんの原因とは?

女性疾病で入院、手術を受ける女性が増えています。女性疾病の代表的な病気は、乳がん、子宮がん(子宮体がん、子宮頸がん)、卵巣がんなどですが、これらの発症リスクは、40代頃から高くなります。ただ、子宮頸がんなどは20代、30代頃から発症リスクが高まり、若年層での発病も増えています。発病の原因は遺伝的なもの、体質、生活習慣などさまざまですが、食生活や睡眠、運動の習慣などを整えることが予防策になります。

女性特有のがんの原因として、食生活の欧米化や晩婚、未産なども挙げられています。出産経験が無く排卵回数の多い女性は、子宮体がん、卵巣がんのリスクが高まるので、定期的に健診を受けるなどの注意が必要です。子宮頸がんは、HPVウイルスが発症のきっかけになると言われていますが、通常はHPVウイルスに感染しても、免疫力によって体外に排出されます。ごくまれにこのウイルスが細胞を癌化させてしまうことがあっても、癌化までには数年〜10年程かかるので、定期的な健診で防げる病気と言えます。子宮頸がんワクチンの効果は立証されておらず、重篤な副作用が相次いているので、安易な接種は控えましょう。

体内環境を整えるのが第一、リスクに応じて保険の準備を

子宮がんなどを予防するには、がん細胞が大きくならない体内環境を整えることが大切です。小さながん細胞は、私たちの身体に日々発生していますが、免疫機構が正常に働いていれば、癌細胞を殺してくれます。ファストフードなどは避け、新鮮な旬の野菜や玄米など、抗酸化作用の強い食物をバランスよく食べることが、免疫力アップや体内のデトックスに役立ちます。日本の伝統食である味噌、醤油、納豆などの発酵食品も、腸内環境を整えて免疫細胞を強化する強い味方になってくれます。適度な運動、規則正しい睡眠、上手なストレス発散方法なども取り入れて、がんに負けない体づくりをしたいですね。

それでも病気になってしまうことも、もちろんあり得ますので、いざという時に備え、貯金や医療保険で備えておきましょう。医療保険に「女性特約」を付けると、子宮筋腫、子宮がん、乳がん、分娩時の異常などのとき、入院給付金が2倍になったり、手術一時金が上乗せされたりします。その分保険料はアップするので、家系に子宮がんや卵巣ガンが多い、出産経験がなくリスク要因があるなどのリスク度に応じて、本当に必要なのかをしっかり見極めることが大切です。

  1 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック