本文へジャンプします。


現在位置:> > > 更年期障害に対抗できる! ときめきホルモンを出す方法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

健康・美容

更年期障害に対処しよう

更年期障害に対抗できる! ときめきホルモンを出す方法

更年期障害に対抗できる! ときめきホルモンを出す方法

更年期障害とは? いつから始まる?

仕事や毎日の生活が忙しく、めまいや疲れ、のぼせなどを感じて「あれ、もしかして更年期?」と不安に思うことはありませんか?若年性更年期とも呼ばれ、たまに40歳前の若い世代でもこのような症状を感じることはありますが、更年期というのは女性の年齢サイクルの一時期で、閉経をはさんだ前後10年間のこと。卵巣の機能が低下しはじめ、最終的にその機能を停止するまでの期間です。初潮年齢が人それぞれのように、更年期も人によりずれはあるようですが、一般的に45歳〜55歳を「更年期」としているようです。

妊娠以外にも骨、皮膚、脳、中枢神経、循環器など様々な器官に作用する女性にとって大切な卵胞ホルモン(エストロゲン)。更年期にはこのエストロゲンの分泌量が減少します。そのため自律神経の調節がうまくいかなくなり、のぼせ、ほてり、めまい、肩こり、腰痛、イライラなど心身の不調がおこるのです。

程度は違えど、ほとんどの女性は月経周期のたびにこのような不調を感じます。とりわけ更年期世代に出てくるこれらの症状のことを「更年期症状」といい、それが日常生活に支障をきたすようになると「更年期障害」と呼ぶようです。日本産科婦人科学会でも、「これら心身の不調症状を起こすような他の身体的、精神的疾患がなく、低下したホルモンを補充することで症状が軽快する場合に、更年期障害と診断」とし、疲労・ストレスなどによるホルモンバランスの崩れや、他の病気に起因する似たような症状と区別しています。

始まりのサインは?対処法はある?

更年期と認めたくない人は多いでしょう。でも更年期症状は女性に訪れる人生の通過点。症状の出かたは人それぞれですが、精神状態のあり方にも左右されるようです。始まりのサインを感じたらすぐに対処することで深刻にならずに済むかもしれません。40歳代半ば頃から月経周期が乱れ日数や出血量が違うと感じたら、更年期に入ったサインのようです。普段から自分の月経リズムをメモしておくと、サインをキャッチしやすくなりますよ。

サインを受けたら、ときめきホルモンで対抗してみよう

女性ホルモンのバランスには、「ときめき」が強い味方になってくれます。旦那様、彼氏などに対するときめき以外にも、芸術鑑賞や自然の心地よさに触れたりすることでもときめきを感じることができるでしょう。

更年期障害の治療法としては、ホルモン補充療法(HRT)といい、減少したエストロゲンを補充する方法が多いようです。ときめきホルモンを外から補填することで、女性として成熟期真っ盛りの状態にしようということですね。その他には漢方療法も。どちらの場合も医療費が高そうに思えますが、健康保険が適用されるので安心です。更年期障害を改善するための医療費に関するアンケート調査(久光製薬)でも、医療機関に支払った月平均費用は、HRTを受けている人では約 3,000円、その他の診療等では4,000円とのこと。サインを感じたら早めの受診を心がけて。

ちなみに、精神神経症状が強い場合などは抗うつ剤などを用いることもありますし、カウンセリングなど自由診療の場合は全額自己負担です。

  1 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック