本文へジャンプします。


現在位置:> > > 実はこんなにあった! 入浴の魅力的な効果とは?

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

健康・美容

入浴の効果、実は絶大

実はこんなにあった! 入浴の魅力的な効果とは?

実はこんなにあった! 入浴の魅力的な効果とは?

入浴で最大の効果を得るために

毎日何気なく入っているお風呂。忙しいからと、ついついシャワーのみになっていませんか?お湯をためてお風呂に浸かると美容にも健康にも嬉しい効果が盛りだくさん。少しの手間をかけてでも入浴することで、カラダの中も外ももっとキレイになるのです。

入浴の効果は大きく3つ。1つ目は温熱作用です。血の巡りが良くなることで、体内の老廃物や疲労物質が除去され、こりがほぐれます。重い肩こりに悩まされている人は、入浴だけで改善することも。自律神経をコントロールする作用や免疫力アップも期待できます。42℃以上の熱めのお湯は交感神経を刺激して心身を活動的にするので仕事の前や気合を入れたいときに。39℃以下のお湯は副交感神経を刺激し、心身を落ち着かせるので、1日の終わりにはぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。

2つ目は水圧作用。入浴中は水圧を受けるので、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にして血液の循環を促進します。また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増えて心肺機能が高まります。

3つ目は浮力作用。お風呂に浸かると、体重は約9分の1程度に。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。見えない身体の負担を軽減することにより、心も開放されるのです。

サウナも目的に応じて効果的に

サウナも効果的なので、症状や目的に合わせて利用しましょう。不眠やストレスには70℃前後の低い温度のサウナで、15〜20分間ゆっくりと汗を流すと効果的。低い温度のサウナに入ることで神経を鎮めたり、緊張を解いたりする鎮静作用が働きます。肩こりや腰痛を改善したいなら、90〜100℃の熱いサウナに短時間入りましょう。熱いサウナにサッと入ることで皮膚が適度に刺激され、神経調節能力が高められ、肩こりや腰痛などの神経疲労回復が期待できます。

入浴はお得な健康法

こりをほぐしたり、リラックスを求めてマッサージを受ければ、1回60分で5,000円程度からの費用がかかります。疲労回復に即効性のあるにんにく注射なら1回2,000〜5,000円が相場。入浴なら、毎日お湯をためるだけなので出費がかさみません。これだけの効果が得られて水道代だけなら、とてもおトクですよね。疲れがたまって体調を崩してしまったときの医療費などを考えると、毎日の入浴で美容と健康が維持できるなんてとっても魅力的。ぜひ今夜からトライしてみてくださいね。

  1 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック