本文へジャンプします。


現在位置:> > > 正しい株価の見方を確認!自分に合った見方で株を購入する方法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

あなたの株価の見方、合っていますか?

正しい株価の見方を確認!自分に合った見方で株を購入する方法

企業の利益に注目した株価の見方

株価を企業利益という観点から評価する指標の代表例が、株価収益率「PER」です。
PERとは、英語名「Price Earnings Ratio」の略で、1株当たりの当期純利益に対して、株価は何倍に相当するかを示す指標です。PERの倍率が高いほど、割高の銘柄であると判断されます。なお、PERはあくまでも相対的な基準であるため、同じ業種や業態の企業銘柄を比較する際に利用するのがおすすめです。

例えば、同じ業種のA社とB社があり、PERがそれぞれ20倍および30倍である場合には、Aの株式のほうがお買い得(割安)であると判断できます。また仮に、A社における当期のPERが20倍、1株当たりの純利益が500円で、来期の業績予想で1株当たりの純利益が600円と増益が見込まれるとしましょう。この場合、PERが20倍のままだと考えると、適正な株価は12,000円だと予想され、将来の株価上昇が期待できるため、買い時であると判断できます。

なお、PERを活用する場合には、ある特定の年度のみに行われる特別な会計処理の有無にも留意しておくことが必要です。なぜなら、不良債権の償却や所有財産などの臨時売却によって通常年度では生じない特別損益が発生している場合は、PERの数値が大幅に変動する可能性があるためです。

配当利回りに注目した株価の見方

配当利回りとは、ある時点の株価に対して、1株当たりの年間配当金がどのくらいの割合を占めるのかを示す指標です。具体的には、1株当たりの配当金が年間50円で、投資時点の株価が1,000円であった場合の配当利回りは、5%(=50円÷1,000円)となります。
配当利回りと株価は、年間配当金が一定であると仮定すると、反比例の関係にあります。すなわち、株価が上昇すれば配当利回りは下がり、株価の下降局面では、配当利回りが上昇する仕組みです。不確実な株価の値上がりを期待するのではなく、確実に得られる配当金を重視する投資家にとっては、配当利回りが重要な投資判断材料となります。ただし、配当は、企業が配当金の支払いを決定することによって初めて株主に支払われるものです。企業の業績が良い場合であっても、取締役会決議がなされなければ、一切配当金の支払いがない点に注意が必要です。

なお、比較的確実に得られやすいという意味では、株主優待も配当と同様の性質を兼ね備えています。株主優待とは、企業が自社のサービスや製品のほか、優待券や割引券などを無料で株主に贈呈する制度です。株主優待で得られる商品などを現金に換算し、配当金と合わせて、実質の利回りがいくらになるかを計算したうえで、株式の購入を決める方法も有効策のひとつといえるでしょう。

見るだけじゃない!株価の知り方

日々刻々と変化する株式市況や特定銘柄の株価に関する情報を得られるよう、新聞をはじめ、テレビやラジオ、インターネットといったさまざまなメディアが充実しています。
例えば、新聞の朝刊や夕刊には、直近の株式市況が一覧形式で見られるようになっており、どの業種・銘柄でどのような動きがあったのか、一目で確認することができます。いったん表の見方さえマスターすれば、自分に必要な株価情報が手軽に得られるので便利です。

また、ラジオの株式関連および金融情報番組では、比較的リアルタイムに近い形で株式市況や株価情報が提供されています。特に、ラジオ番組の配信サービス「radiko(ラジコ)」を活用すれば、パソコンやスマホでも各局のラジオ放送が聴ける点が魅力です。
リアルタイムでの株価や気配値はもちろん、さまざまなチャートを駆使して分析しながら、自分に役立つ情報だけを選んで入手したい方は、インターネットの活用がおすすめ。各証券会社などが提供している有料および無料の分析ツールを使って、本格的に株価情報のカスタマイズも可能です。分析ツールによっては、スマホ対応のアプリもあるので、外出先でも気軽に利用できる点もメリットとなっています。

<前へ   1  2 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック