本文へジャンプします。


現在位置:> > > ソーシャルレンディングとは?メリットデメリットとあわせて解説

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

今注目の企業への新たな投資方法とは

ソーシャルレンディングとは?メリットデメリットとあわせて解説

ソーシャルレンディングとは?メリットデメリットとあわせて解説

今、新しい投資のスタイルとして注目されている、ソーシャルレンディング。お金を貸したい投資家と、資金調達が必要な企業とをインターネットで仲介するサービスです。一般の金融商品と比べて高利回りであることが特徴ですが、どのようなしくみとなっているのでしょうか。メリットとデメリットもあわせてご紹介します。

<目次>
ソーシャルレンディングとは?
クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いは?
ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、投資をしたい人と、資金調達を希望している借り手の企業を、インターネットでマッチングを行うサービスのことです。

企業に対して投資を行う場合には、金融機関で株式や投資信託を購入するというかたちが一般的でした。しかし、ソーシャルレンディングは、融資というかたちで企業に投資を行います。

ソーシャルレンディング事業者は、投資家からファンドとして資金を集め、借り手に対して融資を行い、返済によって得られる貸付利益の一部を投資家に対して還元します。通常、個人が企業へ向けて少額の融資は行えません。しかし、ソーシャルレンディングでは、融資を希望する複数の投資家から提供された資金を一括にまとめるため、事業者が運営する投資組合を通じてというかたちですが、企業へ貸し出すことができるようになるのです。

投資家は事業に投資したい場合、従来の出資や株式投資では多額の資金が必要でした。しかし、ソーシャルレンディングでは案件にもよりますが、一口1万円程度という少額からの投資も可能となっています。株式投資よりも少額から始められるにも関わらず、高利回りを実現していることで注目されている投資商品です。

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いは?

資金調達を希望している企業に対し、個人が少額投資を行う手段としてクラウドファンディングがありますが、ソーシャルレンディングとはどのように違うのでしょうか。簡単にいうと、ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングの一形態です。まずは、クラウドファンディングのしくみについて、おさらいしましょう。

クラウドファンディングには、大きくわけると、投資を目的としたものと、そうでないものがあります。明確な見返りを求めない寄付型や、一定の金額の投資により、その企業の商品が見返りとして得られる購入型クラウドファンディングは、非投資型に分類されます。

投資型クラウドファンディングとは、資金を提供することで、金銭的な見返りを求めるものです。投資型には、借り手の利益により非上場株式が提供される株式型や、事業に投資して配当金を得るファンド型、貸付金に対する利息の一部が分配される融資型があります。この融資型のしくみは、ソーシャルレンディングそのものです。

したがって、融資型クラウドファンディングはソーシャルレンディングということがいえます。運営者によって呼び名が異なっているに過ぎません。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック