本文へジャンプします。


現在位置:> > > iDeCo(イデコ)のおすすめは?個人型確定拠出年金を金融機関で比較

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関をご紹介

iDeCo(イデコ)のおすすめは?個人型確定拠出年金を金融機関で比較

iDeCo(イデコ)のおすすめは?個人型確定拠出年金を金融機関で比較

将来の年金の確保はもちろん、税制面の優遇を考えるとメリットも大きいiDeCo。実際にはじめてみようかなと考えている方もいらっしゃるのでは?iDeCoをはじめるのであれば、金融機関も自分に合ったものを選ぶことが大切です。今回は、おすすめの証券会社の特徴とメリットをご紹介します。

<目次>
iDeCo(イデコ)とは?個人型確定拠出年金の基本
「楽天証券」手数料0円にできる!最初の1年間は誰でも無料
「SBI証券」10年の運用実績!商品数60本以上も業界最多
「スルガ銀行」安全運用タイプの人におすすめ!
「野村証券」サポート充実!残高200万円以上で手数料カット
「大和証券」残高50万円以上で手数料0円!サポートも充実

iDeCo(イデコ)とは?個人型確定拠出年金の基本

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことです。原則60歳以上で受け取れる年金であり、国民年金(基礎年金)や厚生年金に上乗せする形で積み立てます。国民年金などの公的年金との大きな違いは、財政方式の違い。公的年金は賦課方式と言って、現役世代から集められた年金がそのまま受給世代に使われるため、将来受け取れる額は支払い年月に応じた一定の額と決められています。一方iDeCoは、積み立て方式。自分の積み立てた金額に応じて将来受け取れる年金が決まります。

さらに、iDeCoは、定期預金や株など自分で運用方法を決められるのもポイント。選択次第ではリスクもありますが、より大きなリターンを期待することもできます。ただしiDeCoに積み立てている年金の運用は専門の機関が行うため、手数料が必要です。加入時の手数料とは別に、年間1,200〜7,200円程度の運営管理手数料に信託報酬などを考えておく必要があります。

年間手数料は積み立てを行う金融機関で異なるほか、商品自体も金融機関により異なります。iDeCoをはじめるにあたっては、金融機関の選択も重要です。

「楽天証券」手数料0円にできる!最初の1年間は誰でも無料

楽天証券の大きな魅力は、低コストで運用することができるということ。楽天証券では、通常、運営管理手数料として月226円かかりますが、はじめの1年は誰でも手数料0で運用することができます。226円の12か月なので、2,712円のコストカットが可能です。

さらに、初年度だけがコストカットの対象になるわけではありません。条件付きですが、掛け金もしくは年金残高が10万円以上であれば、1年目以降も手数料なしで運用することができます。10年経てば、27,120円もコストをカットできるということ。もちろん信託報酬という投資商品ごとの手数料などは必要になりますが、証券会社に対しての運用管理手数料はほぼ0円に抑えることができます。

なお、2017年4月時点の商品ラインナップは、投資信託27に元本確保型の定期預金ひとつ。投資信託は国内株式や債券だけでなく、投資内容を組み合わせたバランス型なども選択可能です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック