本文へジャンプします。


現在位置:> > > FXと株で簡単に儲かるのはどっち?メリットとデメリットで比較検証

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

FXと株を徹底比較!特徴、メリット・デメリットは

FXと株で簡単に儲かるのはどっち?メリットとデメリットで比較検証

FXか株かは目標と取引のスタイルで考えよう

FXか株取引かを考える前にまず知っておきたいのが、取引スタイルです。良く知られているのが、FXまたは株の保有期間を目安にした、短期投資、中期投資と長期投資。一般的には数分から数日のものを短期投資、数ヵ月に渡るものを中期投資、数年から十数年に渡る取引を長期投資と言います。株の場合は企業の成長を見越して長期投資を、FXの場合は金利差によるスワップポイントを見越して長期投資を行う場合が多いです。短期取引は、株取引もFXもちょっとした値動きで決済を重ねていくことで利益をねらいます。

また、取引期間だけでなく、投資額も目標を達成するためには重要です。FXと株どちらが良いかというのは、取引スタイルや目標によって異なりますので、それぞれのメリットとデメリットを踏まえつつ、自分で選択していくことが大切でしょう。

FXと株では証券口座の選択も重要

●通貨や株のラインナップは証券会社で違う
FXなら通貨ペアの種類が、株なら海外株の種類などが証券会社によって異なります。メジャーな通貨や株の取引を行うのであれば問題ありませんが、いろいろな選択肢が欲しいと考える場合は、証券会社もしっかり決めておく必要があるでしょう。

●会社によって異なるスプレッドや手数料
やはり取引において気になるのが、手数料など取引にともなう費用です。FX会社では手数料を無料にしている企業も多く、スプレッドと言って、売値と買値に幅を持たせることで、FX会社の利益としています。スプレッドの幅はFX会社によって異なるため、特に短期取引を中心に行う場合は注意する必要があるでしょう。

一方、株式の場合は、一回の取引における手数料、または何度も取引できる代わりに一日分の手数料を定めている場合が多いです。手数料は証券会社によって異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック