本文へジャンプします。


現在位置:> > > FXをはじめるなら知っておきたい「レバレッジ」の基礎知識

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

FXの基礎知識 〜レバレッジ〜

FXをはじめるなら知っておきたい「レバレッジ」の基礎知識

FXをはじめるなら知っておきたい「レバレッジ」の基礎知識

FX取引の肝となってくるのがレバレッジ。特にFXでの大きなリターンをねらうのであれば、知っておきたい知識です。実際レバレッジとはどういった意味なのか、レバレッジに関係するロスカットや外貨預金などと合わせて解説していきます。

<目次>
レバレッジとはなに?
レバレッジ1倍と外貨預金はどう違う?
ロスカットと、金融庁でのレバレッジ規制の動き

レバレッジとはなに?

レバレッジとは、英語でこの原理という意味。FXの世界では、元手となる証拠金よりも何倍もの取引ができることを指します。たとえば、1ドル100円で1円の利益があったとしましょう。10万円を証拠金とした1倍のレバレッジだった場合、利益は1千円になります。ところが、10倍のレバレッジであれば、100万円の取引となるため、利益は1万円になるのです。レバレッジで、より多くの利益をねらえるというのがFXの魅力のひとつでもあります。

ただ同時に注意したいこともあります。ご紹介したように、順調にFXで利益が出れば良いのですが、刻一刻と変化するFXのレートでは、タイミング次第で損をしてしまうことも少なくありません。損をしてしまった場合も、レバレッジは同じように適用されます。たとえば、1ドル100円が98円になったとき、レバレッジ1倍であれば10万円の取引で損は2千円、10倍のレバレッジであれば損は2万円になります。レバレッジが大きいほど、リスクも大きくなるということです。

利益が得られるおいしい話はないということですね。確かにレバレッジをうまく使えば、大きな利益になり得ますが、同時に大きな損もあるハイリスクハイリターンな商品であることを理解しておかなくてはなりません。

レバレッジ1倍と外貨預金はどう違う?

外貨預金のようにスワップポイントという金利のようなものが発生するFX。平たく見ればレバレッジをかけない1倍のFXと外貨預金とでは同じような気もしますが、実際に違いはあるのでしょうか。

・取り扱っている場所が違う
そもそもの話、FXと外貨預金とでは取り扱われている場所が違います。FXがFX会社なのに対し、外貨預金は銀行です。

・利息とスワップポイントの違い
外貨預金の魅力といえば、国によって高い利息がつく場合もあることでしょうか。FXにも、利息とは少し違いますが、スワップポイントという両国間の金利差を受け取ることが可能です。なお、外貨預金が解約や満期時に受け取れるのに対して、FXのレバレッジは毎日受け取ることができます。

・満期の有無
外貨預金には満期があり、満期が来てから利息が支払われますが、FXに関しては基本的に満期がありません。オプション取引の場合、買いや売りの権利行使ができる満期日がありますが、満期日に利息が払われるわけではなく、外貨預金の満期とはまた違った性質になります。

・リアルタイムかそうでないか
FXはリアルタイムで為替レートが変化していきます。外貨預金の中にも、よりリアルタムに近い形を取り入れている商品もありますが、基本的には1日1回為替の変動があるのみです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック