本文へジャンプします。


現在位置:> > > FXのはじめ方は?FXのメリット・デメリットから口座開設まで

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

FXの基礎知識 〜やり方・はじめ方〜

FXのはじめ方は?FXのメリット・デメリットから口座開設まで

FX口座開設の手順は?

FX会社を選んだら、次に取引ができるようにFX口座の開設が必要です。FX口座開設の手順は、基本的にはどこのFX会社でも共通です。

まず、口座開設の申し込みをします。多くのFX会社では、インターネットから口座開設を行うことができます。名前や住所の他、金融資産や取引経験の有無など定められた必要事項を入力して申し込みを行いましょう。

なお、申し込み後は、運転免許証や健康保険証などの身分を証明するための書類を送付するという手順になります。以前は郵送が中心だったものの、最近ではスマートフォンなどで撮った写真を送るというように、手続きが簡素化されるようになりました。審査の時間もより短くなるのが嬉しいですね。


口座開設の申し込みがFX会社に届いたら、口座を開設するための審査が行われます。FX会社によって審査はまちまちですが、早くて申し込み日の当日から1週間以内に審査結果が出て、審査に通れば口座開設です。
ただし、口座が開設されてもすぐに口座が使えるわけではなく、通常は郵送で口座の番号とパスワードなどが送られてきます。送られてきた口座番号やパスワードはなくさないように控えておきましょう。

FX口座開設で環境が整ったら、取引の開始

FX口座開設で環境が整ったら、いよいよ取引の開始です。ただ取引ができる環境があっても、資金がないと取引はできませんので、専用のFX口座に資金を入金して、取引がすぐにできるようにしましょう。

ちなみに、初回の入金に決まりはあるのか?というと、FX会社によって異なります。入金に限ってみれば、通常の入金に関しては入金額の下限や条件を定めている会社はあまり多くありません。ただし、紹介したように入金額が定められている場合もありますので、FX会社ごとに確認することをおすすめします。
また、入金額とは別に基本的にFX取引では取引単位が定められていますので、取引前に確認しておくと良いでしょう。


さて、FX口座への入金が完了したら、いよいよ実際の取引です。FXでは空売りと言って売りから入ることもできますが、初心者なら順序良く、まずは外貨を買って売るという手順をおすすめします。

基本的な流れは、好きな外貨を新規で注文して購入し、レートなどを確認しながら売り注文を出して利益または損益を確定するという2ステップです。FX会社によってツールは異なりますが、手順は同じですので、まずは注文する場所を確認しておきましょう。

<前へ   1  2 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック