本文へジャンプします。


現在位置:> > > FXとは?FXの仕組みや専門用語についてやさしく解説

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

今さら聞けない!FXの基本、知っておくべき言葉や意味

FXとは?FXの仕組みや専門用語についてやさしく解説

少額の資金で大きな取引ができる「レバレッジ」とは

「レバレッジ」とは、少ない資金を証拠金として担保にすることで、大きな金額の取引を可能にする仕組みのことです。

例えば、レバレッジ25倍、証拠金4万円でFX取引を始めようとする場合、4万円×25倍=100万円分の取引が可能です。1米ドル=100円のとき、最大1万ドルの取引ができることになります。一方、外貨預金の場合、1米ドル=100円のときに米ドルを1万ドル買おうとすると100万円の資金が必要です。

FXの場合は証拠金を担保にレバレッジという仕組みを利用することにより、少ない資金を元に大きな金額を取引することができます。なお、法令により、個人の場合は最高25倍のレバレッジでのFX取引が可能です。

「スプレッド」とは

スプレッド(Spread)とは売り注文用レートと買い注文用レートの差のことで、FX業者の手数料のようなものです。なお、FXでは、売り注文用レートを「BID(ビッド)レード」、買い注文用レート「ASK(アスク)レート」と呼びます。

例えば、「USD/JPY BID 100.000 ASK 100.003」と表示されている場合、米ドル(USD)・日本円(USD)の取引でのBIDレートとASKレートの差(スプレッド)は0.3銭という意味です。

スプレッドはFX業者や通貨ペアによって異なり、スプレッドが小さい方が利益を出しやすくなります。

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック