本文へジャンプします。


現在位置:> > > 定期預金より金利がオトク!個人向け国債の意外な魅力

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

個人向け国債の意外な魅力とは?

定期預金より金利がオトク!個人向け国債の意外な魅力

定期預金より金利がオトク!個人向け国債の意外な魅力

資産運用を始めたいけれど、損をするのが怖い。定期預金に預けるよりは効率的にお金を増やしたいけれど、リスクが高い商品は買いたくない。このように考えている方には、「国債」がぴったりです。
個人向け国債は、「日本国」という「国」が発行する債券なので、株式や投資信託に比べて安全性が高く、投資初心者にも購入しやすい商品です。安全資産対策として、実は意外な魅力がある「国債」。今回は、その商品概要を詳しく見ていきましょう。

<目次>
個人向け国債の商品概要は?
国債はどのくらい儲かるの?
国債はどのくらい儲かるの?
国債を買う時の注意点
国債のお得なキャンペーン情報

個人向け国債の商品概要は?

個人向け国債には、満期(お金に換金されるまでの期間)と金利(1年間にもらえる利息)が異なる「変動10年国債」「固定5年国債」「固定3年国債」に代表される様々な種類があります(*1)。

ここで言う「変動」とは変動金利、「固定」とは固定金利のこと。変動金利の変動国債は、日本の市場における実際の金利の動きを反映して、半年ごとに適用される利率が変わります。

一方、固定金利の固定国債は、金利が国債発行時に決められており、満期まで変更されることはありません。個人向け国債の場合、変動国債でも、固定国債でも、最低0.05%(年率)の金利が保証されているので、日本の財政が破綻しない限り、損をすることはありません。

また、「変動10年国債」「固定5年国債」「固定3年国債」3種類とも、1万円から購入が可能なので、投資初心者の方でも気軽に始めることができます。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック