本文へジャンプします。


現在位置:> > > 5分でわかる株や投資信託の始め方〜超入門編〜

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

超初心者でもわかる!投資のイ・ロ・ハを解説

5分でわかる株や投資信託の始め方〜超入門編〜

プロにお任せの投資信託、プロの正体とは?

少額から分散投資ができ運用もプロにお任せできるとあって投資初心者に人気の投資信託。中でも、運用をプロにお任せできるところが初心者には安心のようですが、そもそも大切なお金を託す投資のプロとはどんな人なのでしょうか?

投資信託の運用を担当する投資のプロは、ファンドマネジャーと呼ばれる人々のこと。ファンドマネジャーとは、投資信託を設計し運用の指図をする運用会社に在籍し、多くの投資家から集めた巨額の資金の運用先を決定する人のことです。

ファンドごとに決められた運用方針に沿って、アナリストが調査した経済環境のマクロ分析やミクロ分析、個別企業の情報などを駆使して運用を行なっています。ファンドマネジヤーによって運用スタイルや得意分野は異なります。ですから、同じような運用方針のファンドでも、ファンドマネジャー次第では運用成績に開きがでてくる場合もあります。

プロに任せる投資信託だからこそ、誰に任せるのかが重要

プロにお任せする投資信託だからこそ、「誰に任せるのか」という根本的な部分の判断はとても重要です。投資信託の運用成績はファンドマネジャーの腕1本にかかっているといっても過言ではありません。

とはいえ、通常、投資信託は、証券会社や銀行、郵便局といった販売会社を通じて販売されるので、投資信託を設計している運用会社のファンドマネジャーと直接あったり、話を聞いたりする機会はありません。ファンドマネジャーがどんな運用方針をとっているのか、その理由はどこにあるのかといった作戦は目論見書と呼ばれる書類に記載されていますが、初心者にとっては目論見書を読むのはハードルが高いといえるでしょう。

最近は、運用会社が直接投資信託を販売する直販ファンドが人気です。運用会社が直接販売するので、どんな人が運用しているのか「顔」がわかるところが人気の秘訣のようです。セミナーやイベントなども積極的に開催しており、セミナーやイベントを通じて、直接ファンドマネジャーの考えや人柄に触れたり、話をする機会もあったりします。初心者にとって運用している人の顔がわかるというのは何よりの安心感につながります。

直販型の代表的な投信には、さわかみ投信、セゾン投信、ひふみ投信、コモンズ投信などがあります。どちらもどのような方針で運用をしているのかが明確で、ファンドマネジャーがどんな人なのかホームページをみればわかります。気になる人はチェックしてみましょう。

分配型投資信託と無分配型投資信託の2種類

投資信託には主に分配型投資信託と無分配型投資信託の2種類があり、利益を出す際にはこのことを知っておく必要があります。

分配型投資信託は決算時の分配金で利益を得るタイプで、無分配型投資信託は分配金ではなく、値上がりしそうな投資信託を購入し、好きなタイミングで売却することで利益を得るタイプの投資信託です。

投資信託初心者や高齢者に人気があるのは分配型投資信託ですので、これから投資信託を始めようとしている方には分配型投資信託がおすすめです。
投資信託上級者に好まれるのは無分配型投資信託ですので、こちらに興味がある方は自信が出てきたころに無分配型投資信託を検討してみましょう。

>>「投資信託」を始めるのにおすすめな証券会社ランキング&選定ポイントはこちら

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック