本文へジャンプします。


現在位置:> > > 銀行口座はいくつ持つのが正解? メインバンク&サブバンクの賢い使い分け方

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

メインバンクとサブバンクの賢い使い分け方とは

銀行口座はいくつ持つのが正解? メインバンク&サブバンクの賢い使い分け方

メインバンクとサブバンク、それぞれどのように使う?

メインバンクとサブバンクはそれぞれどのように使えばよいのでしょう。メインバンクはその名が示すとおり、主に使う銀行(口座)。給料が口座に振り込まれる、ATMからお金を引き出す、住居費や公共料金などの支払いや振込みをする、クレジットカード利用の引き落としがある……などの日々の生活に利用します。生活口座は1つにまとめる方が便利。公共料金用、クレジットカード引き落とし用などと生活口座を細かく分けてしまうとかえって管理が面倒になります。給料などのメイン収入が入る口座にまとめておく方が、うっかり残高不足なんてことになりにくいです。

一方で、サブバンクの使い方は様々。将来のマイホーム取得、教育資金、旅行用など目的があるお金を貯めるために使ったり、いざというときに使うお金を分けておく、メインバンクのリスク対策用……など。そのためには普通預金や貯蓄預金のみならず、金利がより高い定期預金や投資信託を利用しながらお得に使いたい口座です。

管理に無理がないのであれば、1行だけでなくても2行以上の銀行に口座を作っても問題ありません。ボーナスキャンペーンなどのお得なキャンペーンを利用して開設するのも良いでしょう。

サブバンク開設の主な目的は「お金を貯める・増やす」ですから、万が一のリスク対策でない限り、目的達成時以外では手をつけないという覚悟が大切です。例えば念願のマイホーム購入が決まり、頭金として利用するなどであればOKですが、メインバンクに残っている生活費が足りなくなったからというのでは、銀行を分ける意味もなくなってしまいます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック