本文へジャンプします。


現在位置:> > > マンションは買ったほうがお得!? 人気FPが語る! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

資産運用

マンション購入で将来の不安を回避!

マンションは買ったほうがお得!? 人気FPが語る! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法

マンションは買ったほうがお得!? 人気FPが語る! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法

なぜ、マンション購入が将来の不安を和らげるのか?

高山:風呂内さんは、現在ご夫婦でマンションを4部屋所有されているそうですが、最初のマンション購入のきっかけを教えていただけますか?
風呂内:4部屋もマンションを所有しているというと、最初からマンションやお金に詳しかったと思われるかもしれません。でも、実際は全くその逆だったんです(笑)。独身時代にはじめて買ったマンションは、モデルルームの美しさに魅せられて何も考えずに衝動買いしたものでした。当時の私は貯金も苦手、お金の管理も苦手、実家暮らしで地元のIT企業に勤めていたのにもかかわらず、マンションを買う時には貯金はたったの80万円…。

高山:本当ですか? 今の風呂内さんからは想像できないですね(笑)。
風呂内:マンションの購入を決めてからマンションの購入には、物件価格やローンの支払い以外に諸費用がかかることを初めて知ったんですからね。契約してから慌ててお金のことを勉強して、貯金額も増やしました。きちんとしている方はマンションを買わなくても、お金の管理や貯金はできるかもしれません。ただ、貯金やお金の管理を考えることが苦手だった私にとっては、よいきっかけになりました。自分名義の借入はやはり勇気が必要で、思いがけない費用が必要だと知るたびに「対策をしないとまずい」という気持ちになったからです。

高山:マンション購入がお金の知識を身に付けたり、管理をしたりするきっかけになったってことですね。
風呂内:その通りです。マンションの購入には保険や税金、ローンなどもかかるため、いろいろなことを勉強するきっかけになりました。マンションを保有することで自分の資産をエクセルにまとめたり、将来かかるお金を計算したりするようにもなりました。3年間で80万円しか貯められなかった私が、契約から入居までの1年間で160万円貯金することもできたのです! マンション購入のメリットとして、お金の知識を身に付けたり、お金を管理できたりするのは、大きいと思います。

高山:他にもご自身の体験からマンション購入のメリットを教えてください。
風呂内:実は、マンション購入は、隠れた貯金効果があるんですよ。例えば、家賃を毎月支払っても戻ってくることはありませんよね。でも、購入したマイホームのために支払うローンであれば、着々と借入額が減少し、完済したタイミングで物件が自分の資産として残ります。とはいえ、ローンが完済したら、例えば、35年経過した物件に価値はあるのかという点は気になりますよね。一般的によく言われるように、購入翌年に物件価格が2割下落し、35年後には建物の価値が0になってしまうと仮定します。不動産には建物、土地、両方が含まれています。土地部分についての価値は残ると仮定して、期待する売却価格とローンの残高とを比較すると、ローン残高の方が少なくなるタイミングがきます。試算の結果、所有して17年でその時点での物件の価値がローン残高を上回ります。少なくともこの「ローンの残高と資産価値とのギャップ」は含み益として貯蓄されていると考えてもよいのではないでしょうか。

高山:なるほど、今回は35年で試算しているわけですよね。実際のマンションの減価償却期間は47年ですから、建物の価値が47年でゼロになることを考えると、ローンには貯金効果があるという考え方は一理あるかもしれませんね。
風呂内:そうですね。完済以降、住むことで住居費を抑えられる効果、貸すことで得られる家賃収入を考えれば、収入がある現役時代に、家賃の支払いの代わりにローン返済など物件取得費用にお金を使うということには、相当な貯金効果があると考えられますね。


【書籍紹介】自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法
マンションを購入したほうがよいのか、賃貸の方がよいのか迷っている人は少なくないことでしょう。実は、きちんとした物件を上手に購入すれば、賃貸で支払う家賃とは異なり、月々に支払うローンをあたかも積み立て預金のようにうまく活用することができたり、
完済後にはそこから家賃収入を得て、年金代わりにしたりすることができます、本書では、さまざまなケースごとに、「マンションを買っておいたほうが得」だということをシミュレーションして解説。また、得するためには、どういう物件を、どのような金額で、どういう買い方をしておけばよいかについて、お金の手配の仕方から、「貸せる」物件の選び方・上手な貸し方、転勤や結婚など人生の節目での対応法まで、具体的なノウハウをわかりやすく解説します。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック