本文へジャンプします。


現在位置:> > > 自立した大人になるために、親子で取り組む金銭教育

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

子育て・教育

子どもの金銭教育のススメ

自立した大人になるために、親子で取り組む金銭教育

「おこづかい」でお金のトレーニングをしよう!

子どもにお金の教育をするなら、おこづかいを使ったトレーニングがオススメです。とはいえ、子どもには少額のおこづかいだけを与えて必要なものはすべて親が買い与えたり、使うタイミングがでてきたらその都度お金を渡したりするような方法ではトレーニングの効果は期待できません。おこづかいの渡し方にも工夫が必要なのです。具体的には、駄菓子やマンガなど子どもが自分の楽しみのために使うお金以外にも、学用品や友達へのプレゼント代など、身の回りにかかるお金も含めた金額をおこづかいとして渡すようにしましょう。お金のトレーニングの目的は、子どもに決まった範囲でやりくりすることを経験させ、計画的にお金を使う力を育ててあげることです。まずは、学校で使うノートなど少額でも買えるものから任せてみてはいかがでしょうか?慣れてきたら徐々に子どもの裁量にまかせる項目を増やしていくとよいでしょう。

その際に、「おこづかいの使い方は子どもに任せて親は口出しをしないこと。そのかわり、結果は子どもに責任を持たせること」の2つのルールを守ってください。もらったその日に全部使ってしまったり同じものばかりを買ったりしている様子を見れば、注意の一つもしたくなりますが、原則親は見守るだけ。そのかわり、お金が足りなくなって泣きついてきても、すぐに補填するのは禁物です。足りなくて困れば、お金は限られたものであり、計画的に使わないと後で自分が困ることを学ぶはずです。大人になってから大きな金額で失敗しないよう、おこづかいの範囲でたくさん失敗してもらうことが主旨と割り切って、子どもがお金の経験を積む過程を見守ってください。

おこづかい帳をつけるのもよい方法です。ただし、おこづかい帳をつける目的は、残高をピッタリ合わせることではありません。自分お金の使い方を振り返ったり、足りなくなったときにどうして足りなくなったか、今度はどう使えばよいかを考えたりするためのツールとして使ってください。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック