本文へジャンプします。


現在位置:> > > 隣のうちはどうしてる? 子どものお小遣いの相場&将来に役立つお小遣いの渡し方

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

子育て・教育

子どものお小遣いの相場は?

隣のうちはどうしてる? 子どものお小遣いの相場&将来に役立つお小遣いの渡し方

隣のうちはどうしてる? 子どものお小遣いの相場&将来に役立つお小遣いの渡し方

学年別お小遣いの平均額

子どもにお小遣いをあげるにあたって、もっとも気になるのが金額ではないでしょうか。平成22年度「子どものくらしとお金に関する調査」によると、1カ月のお小遣いの平均額は小学生が約1,000円、中学生が約2,500円、高校生が約5,300円となっています。お小遣いの月額の決め方には「年齢×金額」や「学年×金額」などいろいろありますが、大切なのは、お小遣いで何のお金を子どもに任せるかを事前に決めておくこと。まずは、1カ月にかかる子どものお金を大まかでよいので把握しましょう。そこから、お菓子だけお小遣いから買わせるのか、おもちゃや文房具まで買わせるのか決めてお小遣いの金額を設定するとよいでしょう。もちろん、何をお小遣いから買わなければならないのかは、子ども自身にもしっかり伝えて、理解させておくことが不可欠。隣のうちのお小遣いの金額や平均額はあくまで参考程度にしたいですね。

お小遣いをあげ始める時期は、お金で買い物ができると認識した頃や自分で欲しい物が出てきた頃が目安になります。子どもに自由に買い物をさせるのであれば、最初は1週間単位など段階を踏みながらあげるようにするとよいでしょう。いきなり1カ月分などまとめてあげてしまうと、数日で使い切ってしまい、不足分を補ってあげなければならないという悪循環に陥る危険性があります。また、大人のほうが気まぐれでお小遣いをあげていると、子どもも同じように気まぐれでお小遣いを遣うようになってしまうかもしれませんので気をつけましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック