本文へジャンプします。


現在位置:> > > 子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

子育て・教育

子1人にかかるお金は家1軒分

子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

子育てでもらえるお金もある

家1軒分が買えるほどお金がかかる子育て費用ですが、子育て世帯だけがもらえるお金もあります。子ども手当をめぐっては、さまざまな議論がありましたが、2012年4月から「子ども手当」から「児童手当」に変更になり制度が継続されます。支給金額は、3歳未満は1万5,000円、3歳〜12歳の第1子と第2子は1万円、第3子以降は1万5,000円、中学生は一律1万円。夫婦と子ども1人で年収917万8,000円以上ある世帯と、夫婦と子ども2人で年収960万円以上の世帯は、所得制限が設けられ、当面は月額5,000円が支給されます。

このほか、乳幼児医療費補助制度は、子どもが病院で診察・治療を受けたときに自己負担額がタダになるという制度。なにかと病気にかかることも多い乳幼児期に医療費の自己負担がなくて済むというのは嬉しいですね。対象年齢については、誕生から3歳までとしているところもあれば、中学3年生までとしているところまで自治体によってさまざま。助成方法や対象年齢は変更になることもあるため、自治体の発行する広報誌にまめに目を通しておきましょう。

養育費は生活費から、教育費は貯蓄から

子育てには教育費以外にもさまざまなお金がかかりますが、こういったサポート制度を利用しながら上手に乗り切っていきましょう。子どもが1人、2人と増えても、養育費については日々の生活費の中に吸収できる家計を管理していくことが大切です。一方、教育費については計画的な準備が必要です。高校までの教育費についてはできるだけ生活費の中でやりくりしたいところですが、とりわけ大学の費用はまとまった金額が必要になります。早いうちからコツコツと貯蓄してしっかりと準備していきましょう。

<前へ   1  2  3 


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック