本文へジャンプします。


現在位置:> > > 子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

子育て・教育

子1人にかかるお金は家1軒分

子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

保育園にかかるお金は?

最近では、働くママが増えたこともあって保育園の待機児童の多さが社会問題化しています。これだけ子育てにお金がかかるのであれば、働こうと思うママが増えるのも当然かもしれません。とはいえ、子どもを預けて働きたいと思っても、保育料が高ければ本末転倒。働きたいけれど保育園代が払えるかしら…と躊躇してしまう気持ちもわかります。

では、保育園に預けた場合、いったいいくらかかるのでしょうか?保育園には「認可保育園」と「無認可(認可外)保育園」があります。認可保育園とは、設備や保育士の人数など、国が定めた認可基準を満たしている保育園のこと。それに対して無認可保育園とはその基準を満たしていない保育園。無認可保育園の中でも、東京都の場合は、さらに独自の基準を設けてそれを満たしている保育園を「認証保育園」としています。気になる保育料ですが、認可保育園と無認可保育園では大きく異なるよう。認可保育園の場合、保育料は世帯収入に基づいて決められていて、収入が多い世帯ほど多く支払うシステムになっています。低年齢の子どもほど保育料が高く、年齢が上がるほど徐々に負担が軽くなります。自治体によっては年収が500〜600万円を超える家庭の場合、3歳未児だと1カ月の保育料が6〜7万円かかることも。しかし、3歳以降になると年収にかかわらず高くても2万円程度で済む場合が多いようです。

無認可保育園の保育料は一律

無認可保育園の場合、世帯収入に関係なく、保育料は一律になっています。一般的に無認可保育所の保育料は、認可保育所に比べて割高になっているよう。東京都認証保育所の場合、0〜2歳の子どもは上限が8万円、それ以上の子どもは7万7,000円(月220時間までの利用)と決められています。これは、都内の認可保育所と比べるとかなり割高。0歳時など低年齢の子どもを無認可保育園に預ける場合、最初は、「お給料がなくなっちゃう〜」と思ってしまうかもしれませんが、子育ては長い道のり。目先のお金にとらわれずに長い目で考えることが大切ですね。最近では、無認可保育所に預けている世帯に対して、自治体が保育料の援助を行うところも増えてきているようなので、自分が住んでいる自治体にこういった制度がないか調べてみましょう。


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック