本文へジャンプします。


現在位置:> > > 子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

子育て・教育

子1人にかかるお金は家1軒分

子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

子どもを1人育てるのに3000万円!? 子育て費用は教育費と養育費トータルで考えよう

子どもの養育費はどんなものがある?

子どものお金というと、教育費をイメージする人も多いと思いますが、実はそれ以上にかかっているのが日常の養育費。子どもの誕生にかかわる妊娠・出産から育児のためのさまざまな費用まで、子どもを養育するためのお金は日々のチリツモ。総額で見ると、結構な金額になるのです。

では、養育にかかるお金とはどんなものがあるのでしょうか?ミルク代やおむつ代に始まり、食費、衣料費、おもちゃ、ゲーム、おこづかい、レジャー費、保育園代やベビーシッター代、病院の費用などが挙げられます。子どもが0歳のとき、つまり養育費がかかる最初の1年だけをとってみても、子供未来財団の「子育てコストに関する調査研究」(2003年)によると、ベビー用品・衣料が19万8,602円、育児費13万2,918円、お祝い行事関係費7万2,723円、預貯金・保険で10万1,765円と、合計で50万6008円。月額にして4万2,167円という結果に。乳幼児の時期からすでに月4万円以上の子育て費用がかかるワケですね。

子ども1人につき3,000万円かかる!

では、実際、乳幼児の時期から大学を卒業する22年間でいったいどれくらいの子育て費用がかかるのでしょうか?「AIU現代子育て考」(2005年)によると、出産費用も含めて22年間での養育費はトータルで約1,640万円。その内訳は、出産・育児費約91万円、22年間の子どもの食費約671万円、22年間の子どもの衣料費約141万円、22年間の子どもの医療費・理美容費約193万円、22年間のおこづかい・レジャー費約469万円、22年間の子どもの私的所有物代約93万円。この養育費に幼稚園から大学までオール公立の場合の教育費1,000万円をプラスすると、2,640万円、オール私立の場合なら教育費として2,000万円をプラスして3,640万円となります。子ども1人を育てるのに住宅が1軒買えるほどの金額になるとは驚きですね。


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック