本文へジャンプします。


現在位置:> > 子育て・教育

賢く付き合うマネーの知恵 お金の上手な使い方がわかる

女性のライフステージごとのマネープラン、住宅ローン、老後資金、教育費、資産運用、保険など、知って得するお金の情報を紹介します。

子育て・教育

子育て・教育

保活に備えてマネー準備

2015.11.12

どうする?保活がうまくいかなったときのマネー準備

女性にとって人生最大のイベントである出産と子育て。産休・育休を取得して、出産後も会社に戻って仕事をしたいと考えている女性は、年々増加しています。しかし、子供を預ける保育園探し、いわゆる「保活」がうまくいかなかった場合、女性はスムーズに会社に復帰できるのでしょうか。今回は、気になる日本の保活事情をご紹介します。

子育て・教育

私立に通う場合はいくらかかる?

2015.11.02

私立に通うとしたら、教育費はどれくらい?

子供が生まれたらすぐに準備を始める人もいるほど、人生の3大支出のひとつといわれる教育費。子供1人当たり約1,000万円かかるとよく言われますが、これってオール国公立に通う場合の金額だと知っていましたか?もし子供が私立に通いたいと言ったら、教育費はどのくらいかかるのか確認してみましょう。

子育て・教育

子育て給付金の活用法

2015.02.23

子育て給付金、最新情報!どうやって使う?貯める?

子育て世帯を支援する制度は、毎年さまざまなものが新設されています。その中でも、家計にありがたいのが給付金制度。これから子育てをする人は、どんなものがいくらもらえるのでしょうか? また、せっかく給付金をもらうなら、上手に活用したいもの。お子さんの教育に活用するうえで有利な方法をご紹介します。

子育て・教育

【FPの家計簿診断】〜大学進学と下宿でいくら?

2014.03.13

子どもを東京の大学に行かせたい。進学に掛かるお金はどう準備したらいい?

自宅を離れて大学に進学した場合、4年間で1000万円を超えるお金がかかります。計画的に準備しておかないと、奨学金や教育ローンを借りることになり、親子ともどもその後のマネープランに影響が出てしまいます。早くから積立を始めると同時に、利用できる支援制度がないか情報収集することも大切です

子育て・教育

子どもの金銭教育のススメ

2013.05.27

自立した大人になるために、親子で取り組む金銭教育

子どもには自立した大人になってほしい。親なら誰だってそう思うでしょう。そのためには、お金に対する家庭教育も大切です。なぜなら、食べ物の好みや習慣が、小さいころから家庭で自然と身についていくように、お金の習慣も親の考え方や習慣が大きく影響するからです。そこで、今日から取り組める、家庭でオススメの金銭教育の方法を紹介します。

「隣のうちの○○ちゃんがお小遣いをもらい始めた」と聞くと、うちもそろそろかしら……と気になってしまいますね。でも、お小遣いは「あげればよい」というものではありません。年齢に見合った金額を渡すことが大切です。上手にあげれば、お金を大切にする気持ちやお金の管理能力を養うことができます。

子育て・教育

知っておきたい「奨学金」活用術

2013.01.21

教育費のいざというときの救世主「奨学金」。活用のコツは?

今や人生の3大出費ともいわれる教育費。増税など家計への環境が一層厳しくなるなかで、教育費をどう用意していくかは悩みどころです。でも、大切な子どもの一生を左右するものだから、お金が準備できないからといって簡単にあきらめたくないもの。そんなとき、知っておくと救世主となってくれる「奨学金」についてご紹介します。

前の7件へ 1 2次の7件へ


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます