本文へジャンプします。


現在位置:> 「オキシクリーン」による検索結果

オキシクリーン」による検索結果

12件中 1 〜 7件を表示

お掃除アイテムは次々と新しいものが出てくるので、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。しかもどの洗剤が何の汚れに効くのかを覚えるのも大変です。買ったあとに後悔したくない、という悩みをもっている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回はよく話題に挙がるお掃除アイテムについて、実際に使ってみた結果をまとめた記事をご紹介していきます。あなたがいつも苦労して落としている汚れも、実は適した洗剤があるかも知れませんよ!

「オキシクリーンって日本製とアメリカ製はどっちがいいの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか? 結論から言うと、オキシクリーンのアメリカ製には「界面活性剤」「柔軟剤」が含まれているだけの違いで、洗浄力は変わりません。 今回は、オキシクリーンの日本製とアメリカ製の違いについてご紹介していきます。

新築から5年が経ち、少し気を抜くと黒カビやくすみが出やすくなってきたと感じる浴室の床。子供の成長に応じて、家族が朝夕晩とバラバラな時間に入浴することが多くなり、床がしっかり乾燥する時間が少なくなったことも一因かもしれません。そんなとき目にしたのが、オキシクリーンを使って浴室の床を漬け置きする方法です。排水口には栓ができないと思っていたので目から鱗!早速我が家のユニットバスでも試してみました。

我が家では毎日の料理に欠かせない玉ねぎ。普段よく使うのに皮はいつも捨ててばかりでもったいないなと思っていました。そこで調べてみたところ、鍋などについた焦げを落とすのに効果がありそうだと判明。ということで、ちょうどあきらめかけていた焦げがあったので早速試してみました!

浴室は季節を問わず湿気が多く、天井から壁、床、カランやシャワーヘッドまでカビや水垢ですぐ汚れてしまいますよね。目の届きやすい場所は入浴時にちょこちょこ掃除するようにしていますが、バスチェアの裏側などは少し油断すると黒ずみだらけになってしまうし、浴槽掃除と一緒に毎回洗っているプラスチック桶も気付けば水垢がついてしまいます。今回は、それらバスグッズを一晩浴槽でオキシ漬けしてスッキリさせました!

トイレは普段からまめに拭き掃除をしている「つもり」なのですが、気付けばタンクから流れ出す水の筋ができていたり、タンクの水受け部分が埃っぽくなっていたり。「トイレ=冷水=オキシクリーンが効きにくい?」と思い、これまで「オキシ漬け」はしたことがありませんでしたが、試行錯誤しながらチャレンジしてみました!

洗濯機の槽洗浄は、これまでもオキシクリーンで試したことがありましたが、なぜか大した成果が得られずやる気が低下気味でした。でも、今回ははお湯の温度に気を付けてオキシクリーンでつけ置きしてみたところ、ようやく実感が得られました!やり方も再確認できたので一気に敷居が低くなりましたよ♪やってみて分かった洗濯槽オキシ漬けのコツをご紹介します。

前の7件へ 1 2次の7件へ


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます