本文へジャンプします。


現在位置:> > > 早いほど節税効果大!老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

早いほど節税効果大!老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

早いほど節税効果大!老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCoは、簡単に言うと、私的な年金制度です。
老後用の年金をお得に貯めて、お得に受給できます。

仕組みは積立運用で、自分で掛け金を設定し、自分に合った運用方法を選び、掛け金と運用益の合計額をもとに60歳以降*で給付を受けることができるものです。
[*加入年齢により異なる場合があります]

何がお得なのかというと、

・ 掛け金(=積立金)すべてが所得控除となり、所得税と住民税が安くなる
・ 運用益も非課税で、まるまる資産に
・ 受給時も税金が優遇!受給方法によっては納税額を0円に抑えられることも

とにかく税金の優遇がスゴイ。
自分の老後用に資金を積み立てるだけで、節税ができるのです。

運用初心者も安心の定期預金が選べる!

iDeCoの運用方法は、大きく分けて2つ。
定期預金や保険などの「元本確保型」と投資信託の「元本変動型」です。

元本確保型は、その名の通り元本(掛け金)がマイナスになることなく、低めの利率で積立ていくタイプ。
元本変動型は、元本がマイナスになるリスクもありながら、運用がうまくいけば大幅な資産増が見込めるタイプです。

リスク許容度に合わせて選ぶことができます。

運用初心者で、投資信託の金融商品を選ぶのが心配な場合は、まずは元本確保型からスタートするのが良いでしょう。

早いほど節税効果大!老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

iDeCoに加入すべきなのは?

お得な制度とはいえ、誰もが加入すべきかというとそんなことはありません。

・年収103万円以下で所得税・住民税の扶養控除を受けている方
・収入が不安定、または大幅に下がる予定(転職予定など)がある方

上記のように、iDeCoの加入メリットである節税効果が見込めない方や、iDeCoへの掛け金で自分の首を絞める可能性がある方は、今の段階では加入すべきではありません。

反対に、会社員や公務員はもちろん、退職金もなく国民年金だけでは心もとないという自営業者にも加入メリットは多大。
掛け金には被保険者の種類によって限度額がありますが、自営業者は優遇されています。

※ DC:確定拠出年金 DB:確定給付企業年金、厚生年金基金
【iDeCo公式サイト】http://www.ideco-guide.jp/start/



早いほど節税効果大!老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

  1  2  3 次へ>

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック