本文へジャンプします。


現在位置:> > > これで安心!コツコツ稼げる副業に必要な確定申告の基礎知識

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

知っておきたい!副業の確定申告

これで安心!コツコツ稼げる副業に必要な確定申告の基礎知識

確定申告が必要な場合

・副業で20万円以上のアルバイト以外の所得がある
給与所得と退職所得を除いた副業での所得が20万円以上あった場合、確定申告をする必要があります。つまりクラウドソーシングサービスを利用した仕事などの事業所得や家賃収入のある不動産収入、アフィリエイトやオークションなど雑所得になる可能性がある所得の申告ラインは20万円だということ。ここでポイントになるのが、「所得」が20万円以上であるということです。

所得は、収入ではなく、収入から副業で必要な経費を差し引いた金額になることに注意しましょう。50万円の副業収入があっても、35万円の経費があった場合は、所得が15万円になるので、申告の必要はないということです。

・本業とアルバイトの合計所得が多く、かつ20万円超え
アルバイトやダブルワークで給与所得のみを得ていた場合も、基本的には事業所得や雑所得と同様です。本業と副業の合計所得が少ない場合は申告の必要がないケースもありますが、年末調整を受けていない給与の収入が年間20万円を超える場合は確定申告を行う必要があります。

確定申告が必要ではない場合

・基本的には所得20万円以内なら必要なし
すでにご紹介したように、副業で確定申告が必要かどうかは、20万円を超えているかいないかがひとつの目安になります。給与所得、事業所得、雑所得に限らず、基本的には20万円を超えていない場合は確定申告の必要はありません。ただし、本業以外の副業全ての所得の合計が20万円以下ということなので、複数の副業をしている方は注意しましょう。たとえば不動産収入10万円、事業所得15万円の場合、個別に見たら20万円以下ですが、合計すると35万円なので確定申告は必要になります。

・本業と副業の合計所得が少ない場合
例外になりますが、給与所得収入の合計から基礎控除と医療費控除、寄附控除、雑損控除を除く所得を差し引いた額が150万円以下で、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下である場合も確定申告は不要です。つまり、本業と副業がいずれも給与所得であり、一部の所得控除を除いた金額が150万円以下なら確定申告をしなくても良いということ。本業の給与収入100万円、副業での給与収入30万円なら確定申告をする必要はないということになります。

その他の副業

・FXで利益があった場合
FXの所得区分は「先物取引に係る雑所得等」。つまり、FXで利益があった場合、雑所得として計算されるということです。いくら利益があっても事業所得にはできないので注意しましょう。FXの場合、雑所得ということで、申告分離課税が適用され、所得税15%に復興特別所得税が上乗せされて課税されます。FXの場合も、利益が20万円以上あれば確定申告によって所得税の申告を行わなければなりません。

・株取引で利益があった場合
株取引による利益は譲渡所得に分類されます。基本的には、副業で20万円超の所得があった場合、確定申告が必要と紹介しましたが、株取引の場合は必ずしも確定申告が必要でないケースもあるので、注意が必要です。特定口座制度といって、証券会社で特定口座を利用していて、かつ源泉徴収を行うようにしている場合、すでに源泉徴収によって税金を払っているため、確定申告は不要となります。ただし、確定申告では損益通算ができるため、利益だけでなく損失がある場合は、確定申告をした方が良い場合もあります。

<前へ   1  2 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック