本文へジャンプします。


現在位置:> > > 達人直伝!お財布の中で行き場をなくしたポイントカードの整理術を学ぼう

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

ポイントカードを賢く整理しよう!

達人直伝!お財布の中で行き場をなくしたポイントカードの整理術を学ぼう

達人直伝!お財布の中で行き場をなくしたポイントカードの整理術を学ぼう

いつかポイントが貯まるからと、ポイントカードを作りすぎて、財布に入らないという事態に陥ってはいないでしょうか。確かにポイントカードは便利ですが、枚数が多いと財布を圧迫してしまいます。多すぎると見つけるのも一苦労。今回は、大量のポイントカードでお悩みの方に、賢い整理術をご紹介します。

<目次>
まずは今あるポイントカードの枚数をチェック
複数店舗で利用できるポイントカードをメインにする
カードホルダーを活用してみる
利用頻度のランク付けを行う
スタンプ形式のポイントカードは無駄遣いしやすい
持ち歩いているポイントカードだけでやりくりしてみる

まずは今あるポイントカードの枚数をチェック

ポイントカードの断捨離でまず行いたいのが、所持しているポイントカードの把握です。財布に入っているポイントカードをまずは全て取り出してみましょう。

勧められてその場の雰囲気で作ってしまったポイントカード、また利用するからと思って作ったポイントカード。ひとつひとつ見ていくと、本当に必要でないものも出てくるはずです。使っていないポイントカードを除くと少しはすっきりするのではないでしょうか。

必要だからと残したポイントカードも、いったん手をとめてもう一度見直してみてください。利用したのは1年前、のようにあまり使わないポイントカードも残してしまってはいないですか。あまり利用しないものは思い切って捨ててしまいましょう。あわせて、使っていない銀行のカードやクレジットカードも確認しておくと良いですね。

複数店舗で利用できるポイントカードをメインにする

必要だと思って手元に残したポイントカードも、中には特定のお店だけでしか使用できないものもあります。頻繁に利用するお店であれば良いのですが、利用頻度の少ないお店で発行されるポイントカードはそもそも必要ありません。ポイントの有効期限が半年など短めのもので、あまり利用しないものも同様。断捨離を機会に整理しましょう。そもそも、ポイントカードを作るときは、頻繁に利用するのか、本当に必要か吟味してから作りたいものです。

さて、必要かどうか振り分けた後の整理のしかたですが、PontaカードやTポイントカードのように複数の店舗で使えるものに注目してみるのがおすすめです。ひとつカードを所持しているだけでさまざまな店舗で使えるので、普段使う場合もPontaカードなどのように複数の店舗で使用できるものをメインに使いましょう。おのずと使用するポイントカードが限られてきます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック