本文へジャンプします。


現在位置:> > > お得なポイントカードはどれ?TポイントやPontaカードなど5種類を比較!

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

人気のポイントカード比較

お得なポイントカードはどれ?TポイントやPontaカードなど5種類を比較!

お得なポイントカードはどれ?TポイントやPontaカードなど5種類を比較!

買い物などのサービス利用でポイントを貯め、値引きが受けられるポイントカード。近年では、ポイントの共通化が進み、幅広い加盟店で効率よくポイントを活用できるようになりました。
今回は、主要なポイントサービス5つについて、くわしく解説、比較しました。ポイントをよりお得に貯めたいという方は要チェックです。

<目次>
Tポイントカード
Pontaカード
nanacoポイント
dポイントカード
楽天ポイントカード

Tポイントカード

Tポイントカードはカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)が発行するTポイントを貯めることができるカード。主な提携先はTSUTAYAやファミリーマートをはじめ、百貨店やドラッグストア、ソフトバンクなど、幅広い店舗で利用できる最大規模のポイントサービスです。

Tポイントは、Yahoo! JAPANと提携しており、Tカードの番号をYahoo! JAPAN IDと連携させることで、ショッピングをはじめ、さまざまなサービスでポイントを貯めることができます。特にYahoo!ショッピングでは、5のつく日にポイントが5倍付与となるなど、ポイントが貯まりやすいサービスが多いです。

Tポイントカードは提携先の店舗で無料配布されています。しかし、よりポイントを多く貯めたい場合には、Yahoo! JAPANカードやファミマカードなど提携先のクレジット機能が付いたTカードがおすすめです。

Pontaカード

Pontaカードは、株式会社ロイヤリティマーケティングが発行するポイントを貯めることができるカードです。三菱商事系のローソンや昭和シェル石油、ゲオなどの共通ポイントサービスとして開始しましたが、最近では、リクルートとの提携により、じゃらんやホットペッパーなどのリクルート系サービスでもポイントが貯まるようになりました。ほかにも、ケンタッキーフライドチキンや高島屋など幅広い提携店舗があり、現在も増加し続けています。

Pontaカードも提携店舗で無料配布されているほか、クレジットカードに付帯しているものもあります。クレジットカード利用でPontaを貯める場合は、Pontaに等価交換できる「リクルートポイント」が貯まる「リクルートカード」が、還元率1.2%と高くおすすめです。

Pontaのポイントは1ポイント1円として提携店舗で支払いに使えますが、見逃せないのがローソンでの「お試し引換券」への交換です。貯めたポイントで商品引換券を発行できますが、その場合1ポイントが2円〜3円換算になることもあります。ローソンをよく使う人には見逃せないポイントサービスです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック