本文へジャンプします。


現在位置:> > > 「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

円安の時代、資産に外貨を持とう

資産価値の目減りを防ぐためには、資産に外貨を持つことがオススメです。というのも、円安になり円の価値が下がれば相対的に外貨の価値が高くなるので、円の目減り分を補うことができるからです。では、実際どんな商品に預けるとよいでしょうか?初心者が始めやすいのは外貨預金でしょう。外貨預金とは、円を米ドルやユーロ、オーストラリアドルなどの外貨に替えて外貨で行う預金のことです。まず外貨預金を始めるには銀行に外貨預金口座を開設します。日本円での預金と同様に外貨預金にも普通預金と定期預金があり年○%と金利が決まっています。基本的なしくみは日本円の預金と同じです。外貨預金は通貨にもよりますが日本円の預金より金利が高いのが特徴です。外貨預金は日本円を外貨に替えて運用するので、日本円での払い戻し時は為替相場の変動によって受け取る金額が変わります。払い戻しのタイミングで「円安」であれば為替差益が、「円高」であれば為替差損が生じます。ただし、為替差損が生じても高金利通貨に長期間預けておけば利息を多く受け取れるので、為替相場の変動による元本割れリスクを相対的に軽減できる可能性が高くなります。

初心者はFXのスワップポイントをもらいながら安定的に資産を増やす

意外に知られていませんが、初心者にオススメなFXを活用した投資方法があります。そもそもFXとは、外国為替証拠金取引と呼ばれ、取引業者に一定の証拠金(保証金)を担保として預け入れると、その何倍もの外貨を売買できるという取引です。外貨預金などの通常の取引では、手持ちの金額以上の外貨を買うことはできません。1ドル=100円の場合に、10万円の資金で運用できるのはどうがんばっても1,000ドルです。でも、証拠金の何倍もの外貨を売買することができるFXなら、10万円の証拠金で1万ドルを運用することができてしまうのです。このようにFXは本来、少ないお金で大きな取引ができるところが大きなメリットなのですが、失敗したときも大きなリスクを伴います。ですから、初心者には、FXのもうひとつの利益である「スワップポイント」を得るという投資方法をオススメします。

スワップポイントとは、外貨預金でいうところの金利収入にあたり、2種類の通貨の金利差調整分のことを指します。金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うとその金利差に相当するスワップポイントを受け取ることができます。例えば、日本円の金利が0.5%で米ドルの金利が2.0%とすると、日本円と米ドルの金利差は1.5%になります。1ドル=100円としたとき、1,000ドルを1年間維持すると、1,500円の金利を受け取ることができます。金利の高い通貨を購入し、持ち続けるだけでスワップポイントは毎日支払われるのでスワップポイントの利益をもらいながら安定的に運用するのがオススメです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック