本文へジャンプします。


現在位置:> > > 「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

「日本円で貯金」だけの人は要注意!円安時代の資産目減りを防ぐには?

円安になると輸入品の価格が上昇するなどの影響で国内の物価が上昇し、その結果、インフレが起こりやすくなります。インフレとは、物価が上昇し、お金の価値が減ること。インフレになった場合、すべての資産を低金利な日本円の預貯金に預けていたら資産価値は目減りするばかりです。
資産が目減りする前に円安の時代に備えて何を始めたらよいのか、初心者向けにわかりやすく解説します。

<目次>
円安になると物価が上昇!
投資で物価上昇分をカバー
円安の時代、資産に外貨を持とう
分散型の投資が大切!

円安になると物価が上昇!

最近の為替の状況は、円高から円安へと転じ、円安傾向が続いています。為替の話を聞いても私たちには関係のないことと思っている人も少なくないと思いますが、為替の動向は私たちの生活に大きな影響を及ぼします。

円安になるとどのような影響がでるのでしょうか?円安になると輸入品の価格が上がります。実は私たちの食料は7割〜8割が輸入に頼っています。その結果、小麦にパン、バターなどの身近な食料品の物価が値上がりするというわけです。また、ヴィトン、シャネル、ブルガリなどの高級ブランドのバッグや靴、時計などの輸入品も値上がりします。

物価が上昇する分、お給料が上がればよいですが、最近はなかなかお給料が上がりにくい時代。むしろ、お給料が下がるケースも少なくありません。

投資で物価上昇分をカバー

円安になって物の値段が上がっていくとお話しましたが、この物の値段が上がっていくことを「インフレーション」、俗に言う「インフレ」といいます。

バブルが崩壊してから日本は物の値段がどんどん下がっていく「デフレ社会」でした。ですから低金利の預貯金だけにお金を預けているという状況でも特に問題はありませんでした。

ところが、インフレの世の中になると、対策していく必要があります。例えば、現在100円のハンバーガーがあるとします。インフレ率が毎年2%だとすると、5年後は、ざっくり計算すると110.4円になります。

一方、預貯金にお金を預けていた場合はどうでしょうか。現在、銀行預金の利子率は0.001%程度です。100万円を預金していても5年後の利息は50円程度(税金を考慮していません)(*1)。

預金をしているだけでは、インフレに対してお金が増えるスピードが追いつかず、お金の価値は目減りしてしまいます。ですから、「貯蓄」から「投資」への転換が必要になります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック