本文へジャンプします。


現在位置:> > > 「副業」はなぜバレる?会社員なら知っておきたい要チェック事項とプチ稼ぎかた

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

副業禁止でもできるプチ稼ぎとは

「副業」はなぜバレる?会社員なら知っておきたい要チェック事項とプチ稼ぎかた

「副業」はなぜバレる?会社員なら知っておきたい要チェック事項とプチ稼ぎかた

「お給料以外にもっと収入があれば…」そんなふうに考える会社員のみなさんも多いはず。でも、公務員をはじめ副業を禁止している企業はまだ多数派でしょう。
そもそもなぜ副業は禁止なのでしょうか?また、たとえ副業禁止でも、副収入を得るために、できることなどはないのでしょうか?副業についてあらためて考えてみましょう。

<目次>
なぜ副業が会社にばれてしまうのか
そもそも禁止するのはなぜ?
副業禁止でもできることがある!

なぜ副業が会社にばれてしまうのか

お給料がここ数年ほとんど上がっていない。お給料以外の副収入が欲しい! けれど副業がばれたら恐いのでバイトも憚られてしまう……。そんな人が大半だと思います。実際に副業が会社にばれて気まずい雰囲気に…なんて体験をしたことがある人もいるかもしれませんね。

では、どんなケースで副業が会社に知られてしまうのでしょうか? それは副業先の給与明細でわかります。住民税が源泉徴収(「特別徴収」)されていたら、会社に知られる可能性は高いと言えます。住民税から副業収入が、本業の会社に知られてしまうからです。

副業先でも住民税を納めていると、会社のお給料に副業収入を加えて住民税が計算されます。次の年に会社に住民税が通知されたとき、ほぼ同じお給料の同僚より税額が多い、総収入額が会社の源泉徴収票の金額と合わないなどから副業がばれてしまうのです。

副業先の収入については、税務署で確定申告を行い、副業先で住民税を徴収せずに自分で納める(「普通徴収」)などの対策を行うことも可能ですが、安心はできません。「副業先から副業分の給与支払い報告が税務署に届く」「副業のことを知る人から会社に話が伝わり副業がばれてしまう」などといったケースで会社に知れてしまう場合があります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック