本文へジャンプします。


現在位置:> > > 年代別!これだけは必要になる人生のお金(人生費用)

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

年代別の人生費用はいくら?

年代別!これだけは必要になる人生のお金(人生費用)

年代別!これだけは必要になる人生のお金(人生費用)

結婚する、家族を増やす、マイホームを買うなどの、誰もが持っている人生のさまざまな夢や目標。これらの人生計画を実行するためにはさまざまな費用も必要です。
長い人生のなかでどんな種類の費用で、いくらの金額が必要になるのでしょうか。年代別に人生費用の残高を確認してみましょう。

<目次>
人生費用の残高は若いほど大きい
最低限必要な費用って?
年代ごとの人生費用残高を把握しよう

人生費用の残高は若いほど大きい!

長い人生を眺めると、現在〜将来にわたって自分や家族がやりたいこと、やるべきことがたくさん出てきます。シングルの人なら結婚して家族を持つこと、新婚さんなら子供を持ち家族を増やすこと、家族ならマイホームを買い、子供が自立するまでしっかり教育をして…など。

このようなひとつひとつの夢や目標を時系列に書き並べ、それらの実現を考えると、そのときどきでお金が必要になることがわかります。これらのお金は人生計画を実行するための必要資金。自分または家族という人生事業体を上手く運営させるための人生費用です。

人生費用は、ライフプランとゴール設定を立て、その間に必要となる予算の見積もりをすることから始めます。見積もりをした各予算の合計が人生費用というわけ。これからの人生にかかる費用ですから、スタート地点は現在、ゴールは終焉のときとなるでしょう。現在から終焉までの期間が長ければ長いほど人生費用が大きくなるのは、具体的な数字をあげなくても想像が出来ますね。

20代、30代、40代、50代と年代を重ねるにつれ、人生費用の残高は少なくなっていきます。逆を言うと、若いほど人生費用は大きくなるということなのです。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック