本文へジャンプします。


現在位置:> > > 預貯金より高金利、投資より低リスク! 貯蓄型保険の活用で上手にお金を増やそう!

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

貯蓄型の保険でお金を貯める方法

預貯金より高金利、投資より低リスク! 貯蓄型保険の活用で上手にお金を増やそう!

預貯金より高金利、投資より低リスク! 貯蓄型保険の活用で上手にお金を増やそう!

低金利が長引く中、普通預金にお金を預けていてもなかなかお金は増えません。とはいえ、いきなり投資にトライするのもハードルが高いもの。そこで注目されるのが「貯蓄型の保険」です。
保険といえば、保障というイメージを持っている人も少なくないと思いますが、実は、貯蓄の機能をもっている保険もあります。普通預金よりも利回りが高く、投資ほどリスクが高くないところがメリットです。
そこで今回は保険でお金を貯める方法をご紹介します。

<目次>
保険でお金が貯まるって本当?
保険を解約すると払い戻される解約返戻金
積立利率が定期的に見直される「利率変動型終身保険」
受取額が変動する変額終身保険

保険でお金が貯まるって本当?

保険というと保障というイメージが強いと思いますが、実は保険の中には貯蓄機能を持っているものもあります。しかも、預貯金よりも利回りが高く、投資よりもリスクが低いものも多いとあって人気です(*1)。

では、どういった保険が貯蓄機能がある保険なのでしょうか?期間が長い保険で、加入から時間が経って保険に入った人の年齢が上がればその分保険金を支払う頻度が増えるため、将来の保険金支払いに備えて保険料の一部を積み立てておかなければなりません。また、満期保険金のある養老保険のように、将来必ずお金を払うなら、それに対して積み立てが必要です。
このように、将来の保険金支払いに向けて、保険料の一部が保険会社の中で運用されながら貯まっていく保険を、貯蓄性がある保険といいます。「養老保険」「終身保険」「個人年金保険」「子ども保険」などがこれにあたります。これに対して、貯蓄性のない保険の代表は「定期保険」。貯蓄性のない保険を掛け捨ての保険と表現することもあります。

保険を解約すると払い戻される解約返戻金

保険会社のなかで積み立てられるお金は、保険を解約したいと申し出れば、契約者に返還されます。これを「解約返戻金」といいます。
解約返戻金は、払い込まれた保険料から、保険金の支払いや保険の運営コストなどを差し引いた残りを基準として決められます。保険に加入後しばらくの間は、保険料の大部分が死亡保険金の支払いや、販売・審査・証券作成などの経費に充てられます。
そのため、貯蓄性のある保険でも、解約返戻金はほとんどないか、あってもごくわずかです。解約返戻金の金額は、保険のタイプや契約年齢、性別、払込方法、保険期間や保険金額などによって金額が変わりますし、解約する時期によっても変わります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック