本文へジャンプします。


現在位置:> > > 年収別に作戦が必要! 「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

年収別「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

年収別に作戦が必要! 「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

年収400万円の人は固定費に注目して!

平成27年分の民間給与実態統計調査によると、現在の会社員の平均年収は420万円程度とのこと(*1)。平均年収400万円だと毎月の手取り収入はだいたい25万円程度。年収300万円に比べると毎月の手取りで5万円増えるイメージです。年収400万円の人は、年収300万円の人に比べて少し余裕がある分、家計費の中の「固定費」が高めになる傾向にあります。

年収400万円の人が家計のバランスを保つためには固定費の節約がポイントです。固定費とは、収入の増減に関係なく、毎月あるいは毎年、一定額かかってくる費用のこと。具体的にいうと、月々の家賃や住宅ローン、月謝など毎月支払う教育費、生命保険料、携帯電話代などを差します。

光熱費や食費の無駄を減らすのももちろん大切ですが、まずやるべきは固定費の節約です。固定費は1度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られ、何よりうれしいのがまとまった金額を減らせること。

例えば、月々の保険料を5,000円下げ、携帯電話の料金プランを3,000円安くできれば、それだけで毎月8,000円の節約。年間では実に96,000円もの節約になります。50円安い食材を探すのに時間を費やすより、ずっと効率的です。家賃が高めの人は引越しも検討を。もし家賃を3万円減らせたら、年間で36万円の節約に。引越しに50万円かかったとしても約1年半で帳消しになり、その後は毎月3万円を自動的に節約できます。

先取り貯蓄で貯蓄を習慣化!

年収400万円の人は年収300万円の人に比べ少し余裕がでてくるので、貯蓄についても先取り貯蓄でしっかり貯める習慣をつけたいものです。

先取り貯蓄とは、支出したあとに余ったお金を貯蓄に回すのではなく、お給料が入ったら、先に貯蓄分を取り分けてしまうという方法です。先に将来のための貯蓄を取り分けてさえしまえば、あとは残ったお金の範囲で生活するだけで貯蓄は確実に積み上がっていきます。

とはいえ、毎月お給料日にお金を引き出し、別口座に入れて……と手作業でしていたら続けるのが面倒になります。そこで、利用したいのが、財形貯蓄、積立定期預金などの自動で積立できる制度。毎月給料日に指定した額を給与や口座から自動的に引いて積立をしてくれるので面倒な作業が不要です。

貯蓄額は手取り収入から毎月2割を目安にしたいところ。この仕組みに従い収入の2割を5年間貯めていくと自分の年収分の貯蓄ができます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック